« リボンレイ 03 トライアングル | Main | 分からないバトン »

冷たい校舎の時は止まる

私は活字中毒です(;^^)
とにかく、活字ならなんでも読もうと思ってしまう。
新聞・雑誌・小説・漫画・・・。
(勿論、好きな文体とか、内容とかあるけどね)
そんな中、ある漫画雑誌で始まった連載を見て
ついこの本を買ってしまった。

第31回メフィスト賞受賞の
『冷たい校舎の時は止まる』上・下 だ。

Ts2a2082

よく見れば2004年発行の作品でした(;^^)
漫画がね、結構面白そうな始まり方だったの。
で、ここの処長編を読んでいたのでいけるかな?と
手を出したら・・・・ 一気に読んじゃいました。
土曜日の午後、書店で購入し、日曜日の昼まで。
結構厚い本だったのよぉ~。おかげで頭クラクラ。
厚さ4.3cm。

Ts2a2086

センター入試を控えた12月の後半、
雪降る中登校した生徒8人。ところが彼ら以外には
生徒のみならず、先生も見当たらない。
帰ろうとした彼らを冷たく拒否する校舎。
校舎から出られず、携帯も通じない。
気づくと時計は05:53で止まっている。
それは2ヶ月前、クラスメイトが自殺した時刻だった・・・。

いやぁ、大絶賛!!  とは言わないよ、言えないよぉ~!
文章はまぁ読みやすい。好きな文体で苦にならなかったけど、
妙にグダグダ書いてるな?って思う部分と、あっさりと
終わらせちゃう部分が混じっていて気を抜くともっていかれる。
生徒8人全員の思い出(トラウマ)を紹介したのはいいけど、
彼らのトラウマがどこへつながっていくのか??が弱いなぁ。
集まった生徒8人全員が「自殺したのは自分かもしれない」、と
思うような重いトラウマかい??

極めつけはラスト。
すっごいドキドキして、続きが読みたくて、でも端折っちゃいけないから
はやる気持ちを抑えてページをめくっていたのに・・・。
「え?そんなオチ?!」と思わず叫びそうになりましたよ。
それならどんなに前半遊んでもいいわね、どうとでも結論づけられるし。
と、はっきり言って読み終わった時はちょっとがっかり・・・。
大体ホスト一人に踊らされて怖い思いして、皆が皆嫌なこと思い出して、
普段なら蓋をするか、思考停止して来たことをつきつけられて、
それでもホストの為に集う仲間たち・・・って ありえなくない?

勢いはあるのよ、確かに。一気に読んじゃったんだから。
設定も面白いし、話の進み方もね。
でもね、こんな終わり方をされると「(゜〇゜;)なぬ?????」って感じ。
作家としてそれはナイんじゃない?

|

« リボンレイ 03 トライアングル | Main | 分からないバトン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/17703101

Listed below are links to weblogs that reference 冷たい校舎の時は止まる :

« リボンレイ 03 トライアングル | Main | 分からないバトン »