« 年賀状作り 2007 | Main | セル »

誰か-somebody-

久々の宮部みゆき作品。
文庫化されたので、早速購入し、読破。

内容:
大財閥会長の愛人の娘と結婚したサラリーマン杉村。
ある日、会長の個人運転手が自転車にひき逃げされて亡くなる。
運転手、梶田には2人の娘がおり、彼女らから相談を受けた
会長は娘婿に依頼。

依頼内容は「父、梶田の生涯を本にしたい」というものだった。
姉妹から詳しい話を聞くうちに、単純な交通事故ではないのでは?
と思い、梶田の人生を辿り直し始める・・・。

う~ん、どう話が転がるのか、と期待しすぎちゃいました。
ある男性の死、姉妹の境遇の違い、サラリーマン杉村の人生、と
材料は一杯あるんですが、そこに落ち着くの?とちょっと驚き。

そりゃね、梶田さんのような死に方は珍しいかもしれないけど、
普通の人生にそこまでドラマチックなものはない。
みな、平凡に生きて平凡に死ぬ。
「火車」みたいな事が起きるほうがまれなんだ、というのは分かってる。

それでも、何かあるんじゃないか?
今の世の中、『事実は小説より奇なり』の事件がたくさん。
そうすると小説はより派手に、よりドラマチックに作らないと
受けないんじゃないか?って思っちゃうのは浅はか?;^^
と思ってしまったのだ。

でも、1人の男性の死から芋づる式にウソがばれていく、
周りの人間のプライバシーがあばかれていく、と言うのは
かなり、悪趣味。でもそこを覗き見る楽しみがこの作品には
あるのでは、と思う。

この作品で姉妹についても書かれているんだけど、
「姉は両親と運命共同体/妹は両親の希望」ってすごくしっくりきた。
それは先に生まれたとかじゃなくて、意識の問題なんだよなぁ。
それも、「下に弟・妹がいる」第1子、なんだよねぇ。
多分末っ子の人とか、1人っ子の人とだと受ける印象が違うんだろうな。
私は下に弟がいる第1子なんで、姉・聡美に感情移入できました。
妹・梨子は弟を見ているかのよう(;^^)

|

« 年賀状作り 2007 | Main | セル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/17484785

Listed below are links to weblogs that reference 誰か-somebody-:

« 年賀状作り 2007 | Main | セル »