« 神奈川遠征 | Main | 『バイオハザードⅢ』 »

『モーテル VACANCY』

11月は忙しかったです。
日曜日の出勤が2回もあったり、
お出かけがあったり・・・。

で、お休み又取っちゃいました。
近くの空いている映画館で映画鑑賞。
ホントに空いてます。つぶれないといいな(;^^)

今回の1本目はかなりマイナーな作品。
モーテル VACANCY』です。

Photo

息子の事故死をきっかけに離婚寸前の夫婦。
両親の結婚記念日のパーティーから
自宅へ戻る途中、渋滞を高速道路を避けて
山道を走っていた。
動物を避けた後、エンジンが異音を発し、
通り道にあったGSで点検してもらう。

走り出してすぐ再度故障。しょうがなくGSまで戻り、
向かいのモーテルに泊まることにする。
うさんくさい支配人から鍵をもらい部屋に行くが、
古ぼけた薄汚い部屋。
年代モノのTVは映らず、おいてあったビデオを再生すると
残虐な殺人シーンだった。

悪趣味だと怒る妻に対し、奇妙な事に気づく夫。
このビデオの撮影シーンはこの部屋だ!
換気口を覗くとセットされたカメラが見える。
次の犠牲者は自分たち?!

よくある設定だな、と思いつつのめりこみました。
う~ん、怖いですよ。
アメリカのモーテルは日本で言うラブホではなく、
トラックの運転手や旅行者が気軽に泊まるホテル。
大抵がGSとダイナーが近くにあって、
田舎ならのどかな雰囲気をかもしだしているはずが・・・。

ドアを思いっきり叩く音、無言電話のベルと音響効果は抜群。
これにどこからともなく現れる覆面姿の男・・・。
庭に面した窓とドアからは逃げられない、浴室の窓は
釘で打ちつけてあり、逃げられない・・・。
閉め切って立てこもっているはずなのに、不安が襲う。
彼らはどうやって部屋に入ってくるのか?

また何が怖いって最後の最後まで怖いんですよ。
犯人グループは死んで、警察へも連絡し、後は助けを
待つだけ。
なのに、音楽・映像ともに怖いまま・・・。

「13日の金曜日」のラスト、池の中、ボートに浮かぶ彼女に
後ろからジェイソンが襲い掛かる!
知ってます?あのボートに浮かんでいる時間は
「めでたし、めでたし」のちょっとなごむ場面なんですよね。
それがあるからジェイソンのシーンが引き立つんですが、
あのなごみの時間が一切ない!
最後まで「まだ何かあるんじゃないか?」と気が抜けず、
クレジットが流れた時に「ほっ、やっと終わったぜ」って感じ。

かなりマイナーで、全国でも92館でしか上映してません。
わが千葉県に至っては7館しかやってません。
なので、興味のある方だけ、どうぞ。

|

« 神奈川遠征 | Main | 『バイオハザードⅢ』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/17218443

Listed below are links to weblogs that reference 『モーテル VACANCY』:

« 神奈川遠征 | Main | 『バイオハザードⅢ』 »