« 『ライセンス・トゥ・ウェド』 | Main | 『ブレイブ・ワン』 »

『I am 日本人』

機内3本目の作品です。
I am 日本人』 邦画です。

Iam

日本大好きなカリフォルニア在住の日系3世、
エミー・ワタナベ(森本クリスティーナ)
高校卒業後、留学が決まり日本へやってくる。
彼女のホストファミリーは遠い親戚のおじさん
(森田健作)とその妹(小野真弓)、

彼の家は下町の商店街。そこで暮らす人々は
日本かぶれしたエミーにちょっと引きながらも(;^^)
暖かく迎えてくれた。

だが、日本の大学生は入学式で人の話を聞かない、
国歌斉唱をしない、授業はおしゃべりしっぱなし、
女子学生は玉の輿に乗ることを考えている・・・。
また、商店街でも親に口答えする高校生や
はしゃぎまわる小学生・・・。
「こんなの日本じゃない!」と憤慨するエミー。

だが徐々に彼女の熱意は周囲の人を巻き込んで行く。
一度はやめた剣道を再び始めるおじさん、
その剣道を小学生に教えようと道場を開くエミー。
そんな彼らに廃れ行く商店街の再興をかけた
「寿祭」の復活の話がもちかけられる。

いやぁね、良い映画ですよ。
確かにエミーの日本かぶれはかなり時代錯誤(;^^)
正論なんだけど、暑苦しい?
森田健作氏だけに分からなくはないけれど(;^^)
でもね、何か嬉しいの。

エミーのパワーに皆が引きづられ、気づいたら
色んな人ががんばってるの。
勿論衝突やうまくいかないこともたくさんあるけど、
「今の日本も捨てたもんじゃない」って思えるのでは?

自らの国を愛せない人に、他の国、考え方や人を愛し、
理解していくことは不可能だ と森田氏はHPで言っています。
日本にあった古き良き伝統を復活させませんか?と。
今の世の中、難しいことではあるかもしれない、
でもこの映画を観た人がちょっと心の向きを変えるだけで
日本はもっとよくなっていくのかもしれない。

|

« 『ライセンス・トゥ・ウェド』 | Main | 『ブレイブ・ワン』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/16971557

Listed below are links to weblogs that reference 『I am 日本人』:

« 『ライセンス・トゥ・ウェド』 | Main | 『ブレイブ・ワン』 »