« January 2007 | Main | March 2007 »

10 posts from February 2007

ホットヨガ

St310029昨日、「ホットヨガ」なるものに挑戦してきました。かなりお肉が気になる今日この頃(;^^)寒いと動かないし、体も固くなるし・・・。
ましてやゴルフもスノボも最近していないから、運動不足この上ない!

で、友人が見つけてきた「ホットヨガ」。「ラビエ」さんに説明を聞きに行き、トライアル(体験)を申し込んでみた。(2回受講可能)その1回目が土曜日。
「ホットヨガ」とは人間の筋肉が一番柔らかくなるという38~39℃に室温を、人間が快適と感じる位の60~65%に湿度を設定した中で行うヨガの事。この設定で行うと、体が柔らかく、ケガがしにくいそうです。

「汗をかきますので」と言われ、体験でサービスされる500mlの他に1Lの水を購入。動きやすいスパッツとTシャツでいざ、スタジオへ!入った瞬間「むわぁ~~ん」とした蒸気。
しかも手際の悪い体験者(我々)は場所取りもできず、なぜか友人と3人、一番前へ。他の人が1つ1つあけて場所をとっているので、離れ離れに。

始まる前に良い感じで汗をかきはじめ、始まった途端に怒涛の(;゜(エ)゜) アセアセ!すごい勢いです。手の甲から汗が出るんですよぉ。手を天井に伸ばすと汗がズ~、と落ちてくるんです。「水分とって下さいね」の声にお水のみまくってました。1L分しか持ってこなかったのを後悔する位。(500mlはロッカーに入れてきた)

ポーズははっきり言ってほとんど覚えてないです(;^^)先生の声とポーズにあわせるのに必死。横の方は継続されている人みたいで1テンポ早くポーズが決まる。すごいなぁ~。
フラフラし始めた30分で一度クールダウン。あ~幸せ♪残り30分は腰の悪い私にはかなり厳しいポーズもあったのですが、「無理しないで下さいね」の声の通り、できるところまででやりました。
あっという間で1時間終了。すぐには立ち上がれませんですよ、はい。

更衣室はかなり狭く、シャワー室も13個位あるとはいえ、レッスンの参加者は20名位。
更衣室で少し休んで最後の最後でシャワーを浴びて身支度をして、帰って来ました。
Tシャツがしぼれるくらいの汗、ってすごいですね~。そりゃみんなスポーツブラだけとかタンクトップとかでやるのが分かります。Tシャツ・・・重いわ。

こちらのトライアル(体験)はあと1回体験できるので、早速帰り際に来週の土曜日も予約を入れてしまいました♪
他のヨガ教室とかも見てみるつもりなんですが、ちょっとはまりそうな気持ち良さ♪3ヶ月位で大体のポーズは覚えられる、と言う事なので、通ってみようかなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

『それでも僕はやってない』

日本の司法制度をすっごく分かりやすく映画にしてくれた周防監督にまず感謝。
Photo_19本日は『それでも僕はやってない』を遅ればせながら鑑賞してきました。本当は1月に試写会が当たってたんですが、当日飲み会の予定があった為、行けなかった・・・。

この作品、かなりTVなどで特集され、話題になりました。フジTVが力を入れていたので、フジを見ていた人は結構目にする機会が多かったはず。なので、話は割愛しますが、「痴漢冤罪」に立ち向かう話です。

痴漢冤罪:痴漢された!と女子学生に「私人による現行犯逮捕」。いたいけな被害者に全員「彼女がウソをつくわけがない」という思い込みから動いていく。明確な証拠がないこの事件は彼の自白だけが頼り。「人質司法」とやらでみせしめのように拘留され続けたのに、彼は無罪を主張する。
彼が起訴されたのは、検察側の意地みたいなもの。そして、起訴されれば有罪率99.9%という恐ろしい現実が待っている・・・。(あ、否認していた場合は有罪率97%くらいになるみたい。100人に3人は無罪になるらしい)

まじね、泣けてきましたよ。無実を訴え続けて判決は1年後?と言うより無実の訴えを誰も聞いてくれない。法の原理「疑わしきは被告人の利益に」を守る裁判官は途中で左遷されちゃうし、裁判中も検察側はのらりくらりとはぐらかし、被告人じゃなくても思わずコブシを握り締めましたよ。
裁判シーンはいくらでも映画に出てくるけど、捕まった人がどんな扱いを受けてどんな気持ちでいるのか、を観せてくれましたね。

陪審員制度のアメリカでは爆笑されたらしいけど、日本人の私は笑えなかった。陪審員制度が良いとは思わない(弁護士や陪審員次第で判決が下る訳だし)けど、陪審員制度だったら彼はどうなったんだろう?無実かな?国家権力同士の警察と検察に一市民が太刀打ちできる訳ないじゃん。「無罪」の判決は国家権力にたてついた事になるんだもん。「やった」事を立証する側を「やってない」事を立証する側。でも捕らえ方次第だよね。

痴漢という行為は許せない。でもあんな満員電車があるからそもそも痴漢が発生するんじゃん。最近は「女性専用車両」なんてのもできたけど、公共交通機関を整備しないで「痴漢したお前が悪い」ってどうなの?日本国って?
こんな国で裁判員制度(2009年5月から施行)が始まっても何か変わるのかしら??
刑事裁判の傷害致死・殺人だけだし、そもそも「地方裁判所」で行われる事件のみ。検察側が上告すれば、後は国家権力の出番で「一審の判決を破棄、有罪に処する」って事になるだけじゃないかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

く~欲しかった!

昨日新宿で行われた同窓会。「新宿」と聞いてピンときた。「ドーナッツ欲しいなぁ~」。
クリスピークリームドーナツ Krispy kreme Donuts」の事である。

アメリカ出身のこのドーナツ。1937年に誕生し、全米42週に各国で約400店舗を展開している。2006年12月に新宿に第1号店をオープンし、絶対絶対食べたいドーナッツなのだ。

ハワイではオアフにはなく、マウイ島にあり、あまりの人気さから「手荷物持込制限」が設けられた逸話がある位(みんなが大量買いして手荷物として持ち込むため、通常の荷物が載せられない現象が発生したそうだ)。
同窓会は13:00~、12:40にアルタ前広場に集合なので、早めに行って覗いてみようかな、と集合の1時間前には新宿に到着。
Ts2a1114新宿なんて滅多に来ない私。とりあえずアルタ前広場を確認し、次にサザンテラスを目指す。
地図で大体の場所を確認していたにも関わらず、さまよい歩く私。
ようやく「サザンテラス」の看板を見つけ、歩いていくと、スタバがあり、イタリアンレストランがあり、
その先に・・・「行列」を発見!

おぉ~!遠くからでも行列が分る!え?雨だよ!寒いんだよ!と言いたくなる行列である。
この日は身を切るような冷たい雨。
Ts2a1115「どれぐらい、待ちますかね」と警備のおじちゃんに聞いてみると「ん~1時間くらいかな」
この時点で集合時間までそれ程時間がない事が分り、どうしよう・・・?と悩んだのだが、
「もし、待ち合わせに間に合わないと・・・。帰りに寄るかな」と思い断念。

Ts2a1117が、呑み会が終わり、「今から並ぼうかな?」とちょっとだけ思ったのですが、
同方向の先輩がかなり酔っ払っており、並ぶのもムリ。1人で帰すのも心配で結局諦めて
帰ってきちゃいました。((o("へ")o)) クーッ 早く他にもお店ができないものかしら??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

同窓会

本日は大学時代のサークルの同窓会でした。
大学時代、私が入っていたサークルは「夏はテニス、冬はスキー」の
典型的なお遊びサークル。週1回、テニスコートや体育館を借りて
運動をし、その後飲み会をする、というもの。

2代上の先輩が作ったサークルで、すごく楽しかった。
このサークルは先年、加入者がいなく、廃止されたが、
このサークルのおかげで、4年間で色々な経験ができたと思う。
泣いたり笑ったり苦しんだり、時には朝まで討論したり、
先輩の卒業時には数週間に渡って泊り込みで酒を飲み、
引越し時には手伝いに行き、卒業式は本気で泣いた。
大学で一番楽しいサークルだったと言う自負がある。

Ts2a11181一昨年の夏に一度行われ、今年も行われた同窓会。
創立者の先輩、その1コ下、2コ下(私たち)、3コ下までで
14人ほどの参加者で行われた。
千葉・埼玉・東京・神奈川はもとより、静岡・福島、と
遠方からの参加者もいた。
13:00から始まったこの会は1次会の会場で16:00迄予約、
1時間位?延長して、近くの焼き鳥屋で2次会、
20:00過ぎにお開きにして、一路帰路へ。

いやぁ、呑みました。
昼間の酒は効く、と言いますがそれ以上?
年取って最近あまり酒を呑んでいないのに、ついつい昔に戻って
呑んじゃうんですよね~。
帰りの電車は爆睡。同方向の先輩と2人、必死に帰ってきました。
次の日、休み取っておいて良かった♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1泊朝食付き6500円!

昨日から1泊で新横浜に3月オープンするお店の準備に行ってきました。
課長とSEさんと私の3人です。会社からはPC3台にサーバー1台、プリンター2台という大荷物。
これをライトバンに積んで出発です。

オープンするお店のすぐ近くの雑居ビルに準備室があり、とりあえずそこに搬入。
準備室内に貸し出していたPCの回収と、セッティングでとりあえず1日目は終了。
宿泊はお店の近くにはビジネスホテル1軒しかなく高い!なので、新横浜に安いホテルを探しました。
1泊朝食付きで6500円!。喫煙者は6階、非喫煙者は10階に別れてチェックイン。
夜は近くの飲み屋さんで軽く呑んで、10時前に解散。ゆっくりお風呂に入って、早めに就寝できました。

St310019翌朝は7時からレストランが開くので、7時集合で朝食を取り、8時に出発。昨日搬入した機材を持って
お店の搬入口に。工事中のショッピングセンター(SC)程訳のわからないところはないですね・・・。
搬入口が分らず、立体駐車場をうろうろし、SCのまわりをぐるぐるし、やっとたどり着きました!
駐車場から店舗の場所までも遠く、SC内も歩きっぱなし。
SC内はまだまだ工事の最中で、あちこちを作業の人が歩き回って工事しています。埃っぽくて、喉がいがらっぽくなります。
うちの店も一通りの什器などは設置されているものの、何1つ進んでいない状態。
こんなんでオープンできるの?と思う位。

St310020しかも事務所は机・椅子があるだけで配線もままならない状態。コンセントが壁下にしかなく、床は白く汚れているところをOAタップでタコ足配線する始末。
各種回線工事も平行してやっている状態なので、環境整備もできないままのPC設置でした。
しかも、バカな同僚のせいで、プリンターのインクカートリッジがなく、動作確認もできないし。

それでも、3時過ぎまでで一通り終わり、帰路へ。会社へ一旦帰り、引き上げたPCや各種荷物を降ろしたところで強風の為、電車が止まっている事が判明。(〒_〒)ウウウ 疲れたから早く帰りたいのに帰れないのジレンマで同期の友人と駅へ。運良く到着した電車に乗れて、乗り換えもスムーズに済んで比較的早く家に帰れました。

はぁ、疲れた。でもたまにはいいかな?という経験でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メガ・マック

Ts2a1106ちょっと気になっていた。でもそもそも最近マックに行ってないし・・・。
と思いつつ、祝日出勤した今日、マクドナルドのメガ・マック 買ってしまった。
祝日のオフィスビルは人も少なめ、聞くと「ありますよ」という答えだったので。

会社に帰って袋を開けてみる。ん~やっぱりでかいっす。箱が大きい。
外箱を解体して、全貌をあらわにしてみる。
でも昔のビッグマックってこんな感じじゃなかった?袋に包まれたのではなく、
箱に入ったビッグマックの衝撃はすごかったなぁ~。

Ts2a1111早速食べ始めてみる。( (ミ`エ´ミ)) ククク・・ でかい、食べづらい。
でも片手で持てちゃう私の手の大きさって・・・やだな。

片手でくるくる回しながら、肉やタレが落ちそうなところを順番に食べていく。
おっ、何とか食べられた~。でもやっぱりおなか一杯(当然)
ポテトMサイズにジュースMサイズで650円。
そして、メガマックだけで、754kcal \(◎o◎)/!
ポテトのM 420kcal にコーラの140kcal でしめて1314kcal
ダイエット時の一日のカロリーを1食で摂取してしまうって・・・。
怖い。

やっぱりマクドナルドはたまにでいいや、と実感。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ケーキ 07.02.11

St10007St310011昨夜から友人宅で呑み会。今日は友人が予定があると言うので、最寄り駅で別れる。久しぶりに降りた駅なので、「そうだ!あそこのケーキ買って帰ろう!」とケーキ屋さんへ。普段はこの駅近くは車で移動する私。駐車場がないこのケーキ屋さんは足がのびない。

このケーキ屋さん。千○よりちょっと下った駅にあるのに、かなり有名。千○の口コミグルメサイトでは結構紹介されており、昨年のクリスマスシーズンには千○そごうで予約受付する程。小さいお店に色々なケーキとお菓子が所狭しと並んでおり、私が行った時もたくさんのお客さん。

St310013St10008友人に以前勧められたのが「天使のチーズ」という小さいチーズケーキ。甘いのが苦手な友人も食べられたというあっさり甘めのチーズケーキだ。1個100円(税込105円)で5個で箱入り(バラでも買えますよ。)
手のひらに乗る小さいサイズなので、パクン、と食べられます。

今回はそのほかに半熟プリン(@130)とティラミスやタルトなどの生ケーキをチョイス。父親へのバレンタインを兼ねて買って来ました。ん~甘いものって幸せな気分になりますよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007 バレンタインデー

2007021114日のバレンタインデー。昨年はこんなのだった。
今年は3月中旬にオープンする店舗の準備でかなり忙しく、また同僚2人のあまりの呑気さに切れつつ(;^^)、で「も、いいや」という気分。

しかも、その同僚2人が頼りにならないのか、期待していないのか、なぜか事務員の私が他の同僚と13,14と仕事で新横浜(新店舗の事務所開設準備)に泊まりで行くので、1日早いバレンタインデーにすることにした。

オンラインショップでMary's online shopで一斉購入し、
\3000以上で送料無料となるので、チョコの大量買い。
明日は祝日なのに仕事なので、会社に持っていって机の上に置くつもり。

20070210そして、今通っている英会話スクールの先生にも明日、一緒に買ったチョコを渡すつもりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『幸せのちから』

Photo_18本日は『幸せのちから』を観て来ました。
かなり、TVCMや番宣でも取り上げられているので、期待して行ってきました。

1981年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、全財産はたいて購入した新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし当時高額だった機器は滅多に売れず、家賃も税金も罰金も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通おうと願書をもらう。何とか面接までこぎつけるが、「半年間無給」に愕然。

しかし、妻も家も失った彼は決意し、平日はアナリスト養成コースで猛勉強、週末は医療機器を売り何とか生活を続ける。残り2ヶ月となったところで、住む家を失う。ホームレスとなった彼と息子は教会や地下鉄で寝泊りしながら、何とか養成コースの最終日を迎える・・・。

作品に登場するクリス・ガードナーは、実業家・篤志家として成功した実在する人物。彼の人生を基に描かれた真実のドラマだ。

が、う~ん・・・星3つ、ってとこかなぁ。いわゆる「勝ち組」としての話と親子愛の話が交互に来て、どっちも中途半端のような・・・。子供が小さいせいか、自分の子なので抑えているのか、彼の感情(父さんと一緒にいたい気持ち)がよく伝わらなかったんですよね~。
最後に「いいシャツだね」とほめる役員に「最終日なんで」と答えるクリス。「明日も良いシャツを着てきたまえ、君の初めての日だからね」と言う役員に涙ぐみクリス。このシーンはじ~んと来ました。

が、う~ん・・・。実在の人物の映画化って難しいのかな?『エリン・ブロコヴィッチ』は面白かったけど、『アリ』もいまいちだったし・・・。「Dream Girls」の公開が待ち遠しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マリー・アントワネット Maries Antoinette

Mary_antowa昨日は「マリー・アントワネット MARIES ANTOINETTE 」を観て来ました。予告編はすっごく面白そうで(TVでもやってますね)、期待して行ったんですが、これが意外に(失礼!)面白かった♪館内は大きな劇場だったんですが、結構女性で埋まってましたね。

予告編で面白そうでも行ってみて「失敗」と思う映画は結構あるんですが、これは予告編のテンポそのままで作られていて、旨いなぁ~と感心しきり。
動と静のメリハリが利いていて、飽きないまま終わりました。宮廷の豪華な暮らしなんかも興味津々。
今回の映画は彼女を悪女としてではなく、1人の女性として書かれています。

若干、14歳で友人や飼い犬と別れ、フランスに単身でお嫁に行かされる。
今までと違うしきたりや宮廷すずめの噂の的にされながらも何とか夫につくし、母国の為に、とがんばるけなげな姿。
その一方で朝まで遊びほうけたり、お忍びで仮面舞踏会に行き、はしゃぐ様、お菓子を食べあさり、豪華なドレスを作り、髪形や靴、宝石と浪費する姿、第1子が産まれた後は隠れ家をもらい、そこで家庭菜園をして過ごす彼女・・・。どれが本当なんだろう、どれも本当なんだろうな、と思いつつ、彼女の孤独感や焦燥感に感情移入してしまい、同情の目で見てしまいました。

そして意外だったのが、旦那もいること。
まるっきり家庭内別居かと思ってたんですが、お忍びの仮面舞踏会や誕生日パーティーなど結構一緒に行動しているんですよね。旦那の趣味の鍵作りのシーンなんかもでてこないし。

そんな彼女は18歳で跡継ぎがいないまま、王妃になり、結婚8年目、22歳で第1子(女)を出産、この後は25歳で第2子、29歳で第3子、30歳で第4子と4人の子供を生むも、そのうちの第2,3子が幼くして死去。
そして、ベルサイユ宮を追い出され、死刑判決~ギロチン刑に処せられたのが38歳。
一夜にして白髪になった、という有名なエピソードは出てきませんでした。

「ベルバラ」で読んで大体内容はうろ覚えしてたんですが、話が若干飛ぶところがあって、もう一度「ベルバラ」を読み直したくなりました(;^^) まんが喫茶行っちゃおうかなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »