« 美容院 | Main | Play Misty For Me »

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

16767996かねてから本屋で見かける度に
気になっていた本を古本屋で発見。
迷わず速攻で買ってしまった。

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

昨今、「陪審員制度」の話題がニュースで
取り上げられ、周防監督11年ぶりの新作が
裁判もの、と「裁判」に関して
クローズアップされて来ている。

考えてみると裁判、一般の人には馴染みのないものだと思う。
(少なくとも私は体験していない・・・民事調停まではやったが)
でも、作者は言う「傍聴席の自分と被告席の彼とはそれほど
差はないのではないか?ひとつ歯車が狂えば、あそこにいるのは
自分かもしれない」と。

この作品は裁判の傍聴をしている作者がその過程を書いたもの。
初めて傍聴する際の心構え。何に注目すべきか。興味ある事件。
予想と違う判決、などなど実際の事件の公判の模様を書いており、
非常に面白い。

また凄い事に「傍聴マニア」なる方々まで存在する。
彼らはキャリア5年以上、12年、13年というから驚きだ。
彼らが独自に収集した情報データは新米新聞記者が
太刀打ちできない程緻密で膨大なのだ、と言う。

そんな新米マニアの作者とベテランマニアの方々の
傍聴話を楽しむのにもってこいな作品です。

|

« 美容院 | Main | Play Misty For Me »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/13672228

Listed below are links to weblogs that reference 「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」:

« 美容院 | Main | Play Misty For Me »