« セーラー服と機関銃 | Main | 『父親たちの星条旗』 »

『涙そうそう』

本日は、映画が安い日ではないんだけど、ポイントがたまっていたので、タダで映画を見てきた。『涙そうそう』。映画館で観た予告編もTVのCMも気になっていたので、行ってきた。
沖縄で一生懸命働く兄、洋太郎。妹カオルが島から高校入学の為、沖縄にやってきて、小さく・貧しいが笑顔の絶えない生活を送る。洋太郎にはいつか自分の店を、との夢があり、そんな彼に居酒屋で知り合った客が物件を紹介する。
手作りで店を改装し、オープンまでこぎつけたところで、詐欺にあった事をしる。残ったのは多額の借金。
借金を返し、カオルを大学に行かせたい、と工事現場など高給の取れる場所で働きづめの洋太郎に、カオルも隠れてバイトをする。お互いのいたわり・思いやりがある感情に変わっていき、すれちがいを生み、そして季節外れの台風の日に・・・。

泣けました!ぼろぼろと泣いてきました!(やっぱ年取ったし) 良い人だけど人がよすぎる「にぃにぃ(洋太郎)」、彼のカオルに対する愛情を最後まで感じられて、いやぁ、席立てませんでした。
「涙そうそう」:涙がとめどなく流れる、ボロボロ止まらない、と言う意味。この通りではあります。

でもね、1つだけ言わせてもらえるならば、なんかなぁ~う~ん・・・。ちょっと、あとちょっと、なんですよね~。続けて見たい、何度でも見たい、と思えるほどではないんですよね。彼らの感情って?思いって?今ひとつ伝わりにくかったなぁ。って私が思うのは純粋さがないからなのかな?

|

« セーラー服と機関銃 | Main | 『父親たちの星条旗』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/12503081

Listed below are links to weblogs that reference 『涙そうそう』:

« セーラー服と機関銃 | Main | 『父親たちの星条旗』 »