« 『ア・フュー・グッドメン A Few Good Men』 | Main | My Home Town »

『スーパーマンリターンズ』

昨日は『スーパーマン リターンズ Superman Returns 』を鑑賞。 公開から日が経ったし、ガラガラかな?と思ったら意外に人がいる。夜の夏休み中で夜の上映がなかったから、大人の人は観られなかったのかな?(かく言う私もそう)

物語はスーパーマンが帰って来る処から始まる。空から落ちてくる宇宙船。養母は彼の帰還を喜ぶ一方、5年も会えなかった寂しさを訴える。
5年前に捕まえた悪役ルーサーは、スーパーマンが故郷の星に帰ってしまい裁判を欠席してしまった事で、釈放され、老婦人に取り入り、遺産を自分のものに。これを元手に世界征服を再び企む。

デイリープラネット社に復帰したクラーク・ケント。愛するロイスは他の男と同棲し子供もいる。更に「なぜスーパーマンは必要ないか?」の記事でピューリッツァ賞まで受賞している。
世界は自分なしで成立しているのか?宇宙から人々の悲鳴を聞き分け、助けに行く。そんな彼をマスコミは取り上げるが、愛するロイスは「さよなら」も言わずにいなくなった彼につれない。
そんな中、ロイスが調べていた停電の原因が悪役ルーサーとつながっており、彼女と息子は囚われの身に。そしてルーサーが引き起こした世界の大惨事。
スーパーマンは世界の人を、愛するルイスと息子を、地球を助ける為に立ち上がった。

あのね~ いいですよ、この映画。ちょっとうるうるしちゃいました。劇画コミックは苦手だったんですが、
バットマン・スパイダーマンと並び、コミックの王様、ですし、いずれも途中で観ても楽しめるし、
勧善懲悪・水戸黄門というか暴れん坊将軍と言うか、安心して見られる映画なのです。

んでもって、主役のブランドン・ラウス(Brandon James Routh)、スーパーマンにピッタリ!今までのイメージそのままでいいですよぉ~。これまではメロドラマ系に出演していたと聞き納得。
んでもって、ヒロインのケイト・ボスワース(Kate Bosworth) 「ブルークラッシュ」の時とまた違いまして。
「ブルークラッシュ」のイメージが強すぎて、違和感感じまくりでした。 髪の毛の色も違うし。
いや、なかなか楽しい時間が過ごせました。

|

« 『ア・フュー・グッドメン A Few Good Men』 | Main | My Home Town »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/11980516

Listed below are links to weblogs that reference 『スーパーマンリターンズ』:

« 『ア・フュー・グッドメン A Few Good Men』 | Main | My Home Town »