« いくら暑いからって | Main | 花火 »

タリスマン-talisman-

先般も紹介したスティーブンキング原作の「タリスマン」を読み終えた。タリスマン-talisman- お守り、護符{ごふ}、不思議{ふしぎ}な力のあるものの事を言う。

読む前は「指輪物語キング版」だと思っていたのだが、読み終わってみると違うんだなぁ~これが。宮部みゆきの「ブイレブストリー」がこれに影響を受けたんだ、と思える内容でした。(彼女はキングの大ファン)

こちらの世界と平行しているあちらの世界。この2つの世界はシンクロ(同調)しており、こちらの世界で何かが起きると、あちらの世界でも起きる。こちらの世界とあちらの世界では文明にかなりの差があるけれど、こちらの世界は「汚染」「暴力」「闘争」「虐待」と言ったイメージがつきまとうのに対し、あちらの世界は「純粋」「素朴」「フレンドリー」と言ったイメージ。ところが こちらの世界から技術や思想を持ち込もう、あちらの世界での能力を使って、こちらの世界でうまく立ち回ろう、とするずるがしこい輩が、二つの世界を混沌とさせたものにしようとしていく。

この2つの世界を助けるために選ばれたのが母親の病気に心配しつつ何もできない12歳の少年「ジャック」。療養先(と言うか悪人からの逃避行先)で知り合った黒人から、母はあちらの世界では女王だと言うこと、その女王が母親とシンクロして、死にそうになっている事を知り、望むと望まないとに関わらず、タリスマン-talisman-を手に入れる為、アメリカ縦断の旅に出る。

途中、地獄のような場所に迷い込んだり、あちらの世界からの追っ手に捉えられそうになったり、大事な友人をなくしたり、と紆余曲折した末、悪者を倒し、タリスマン-talisman-を手に入る。それを使って母親の病気を治す。あちらの世界では女王が回復し、平和が保たれる。

これは映像化されているのか?と思って調べたけどされていないみたい。う~ん残念。でもホラーだけのキング(今はそうでもないが)の時代の作品にしては良いと思う。なんで読まなかったんだろう??映画化の話もあるそうだが、監督が降番したとの情報もあり
道のりは遠そうだ・・・。

|

« いくら暑いからって | Main | 花火 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/11244425

Listed below are links to weblogs that reference タリスマン-talisman-:

« いくら暑いからって | Main | 花火 »