« 馬 | Main | 『ユナイテッド93』 »

送り火

Ts2a059515日、私の地域ではこの日が「送り火」最終日である。2つ隣の市に住む友人宅は16日が「送り」だそうなので、同じ千○でも慣習が違うのだ。(何せ母の実家のある隣の市は1ヶ月早いし)。
今日はご先祖様には遅くまでゆっくり&のんびりしてもらい、暗くなってからちょうちんで送っていく。
毎年のことなので、うちの部落では、名入で家紋入のちょうちんが各家庭にあるのだ。

このちょうちん、意外に曲者。 13日に迎えに行く時はそのまま持って行き、お墓の前でちょうちんのろうそくに火をつける。これを家に帰るまで消してはいけないのだ。(ご先祖様が迷ってしまうから)。途中で消えるともう一回スタート地点に戻らないといけないので、小さい頃はこれを必死で手に持って家まで帰ったものである。 15日も同様に、盆棚の前で火をつけ、ちょうちん持参でお墓へ行く。ま、最近じゃ懐中電灯でやっている家も多いが(;^^)
友人宅は、背中にご先祖様が負ぶされるように、背中に手を回して歩く、と言っていた。

又、新盆の家は初めてのお盆なので、ご先祖様が迷わないように、と道々に手作りの灯篭を立てる。この火を絶やしちゃいけなくて、今年は雨が多いので、ビニールで囲って、しのいでいる。
仏壇の前には、白くて綺麗な灯篭を何本も飾り、クルクルクルクル・・・。やたらにぎやかなのだ。

ここまで盛り上がるお盆なのに、見事な位、不信心な私は、本日の朝、ようやっと線香上げて(-∧-)合掌・・・ でご先祖さまに挨拶してきた。

|

« 馬 | Main | 『ユナイテッド93』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/11444720

Listed below are links to weblogs that reference 送り火:

« 馬 | Main | 『ユナイテッド93』 »