« RENT-DVD- | Main | 街角のスナップ »

『日本沈没』

Photo_6昨日は友人とのびのびになっていた『日本沈没』を見てきた。公開後1ヶ月近く経つので小さい劇場(定員114人)なのだが、人の入りはまぁまぁ。
散々メディアで特集されたので、ストーリーについては割愛しますが、感想・・・う~ん・・・。
友人は「パニックものはやはり飽きた」とバッサリ切り捨ててましたが、まぁ、雑学がちょっと増えたかな?と言う感じ。

映像もね~CGを駆使してて、奈良の大仏は海に沈み、五重塔は横倒しに倒れ、清水寺は・・・なんだけど、妙に現実感がないんですね、これが。
人の数もすごい。エキストラとCGの合成だろうけど、空港などの交通機関にあふれる人、北海道を襲う津波にさらわれる人、海外脱出できず「高いところへ非難する」為峠道を歩く人人人・・・。

昨今の日本にありそうな想定の為、ついつい自分に置き換えて考えちゃいました。作品内で草彅くんの実家、会津のお母さんが「今年はつばめがこなかった」と言っていて、そういえば我が家も寄り付かなかったな~と話したら、友人は「うちのは卵から孵らなかった。2羽孵ったけど、巣から落ちて(親が落とした?)、2羽とも死んでしまった」と更にすごい事を言う。(2人とも田舎に住んでます;^^)

今回の製作に協力した東京大学地震研究所ではこんなサイトができてました。「日本沈没と地球科学に関するQ&Aコーナー」 結構映画を見ていて疑問に思った事に答えてくれていて面白いです。(映画よりすっきり分かるなぁ)

元々の原作は「日本人って日本人としての自覚があまりない、ここに住んでいるから日本人なだけだ、と。では住む場所がなくなったら、我々は日本人として存続できるのだろうか?」と主題においているらしく、作品の中でもそのさわりが出てくる。アイデンティティの問題かぁ、自分はどうだろう??
「日本沈没」の際には苦しまずにとっとと死にたい、でも被害者数百人で大多数は生き残った、ってなったら悔しいから微妙だな、という友人の意見に賛成している自分がいる。

|

« RENT-DVD- | Main | 街角のスナップ »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/11368464

Listed below are links to weblogs that reference 『日本沈没』:

« RENT-DVD- | Main | 街角のスナップ »