« メイクアップ! | Main | プロ野球開幕 »

ダヴィンチ・コード

ダヴィンチ・コードを読んだ。ハードカバーの時には手が出なかったのだが、文庫本になり、早速購入。でも上中下巻で¥1656 っていうか、3冊にするほどの厚さか?!と怒りたくなる。しかも文字は大きいし・・・。ぼったくりだ~と叫びながらもついつい読んでしまった。
いやぁ、面白いですね。キリスト教徒でもないし、芸術にとんと興味がない人間なので、「有名な絵画」と言われてもうろ覚えでしかない。ヨーロッパの宗教の背景なんぞもよく分からない。が、謎が謎を呼んで、人が人を呼ぶ。誰が見方で誰が裏切り者なのか?キーワードと聖杯の場所は?こりゃベストセラーになるのも分ります。
謎解きはここで書いてしまうとなんなんで、書きませんが(ってか理解するだけで一苦労。人に説明ができない!)、ルーブル美術館の館長の死、ダイイングメッセージ、チューリッヒ銀行、渡英、遺跡めぐり、最後にルーブル美術館へ戻る。これを読んで、フランス・イギリスへ行きたくなったのは私だけではあるまい。

|

« メイクアップ! | Main | プロ野球開幕 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/9290420

Listed below are links to weblogs that reference ダヴィンチ・コード:

« メイクアップ! | Main | プロ野球開幕 »