« February 2006 | Main | April 2006 »

12 posts from March 2006

『エミリー・ローズ』

そして2本目。『エミリー・ローズ』TVCMを見る限りでは「怖いよ~」と思っていて、観に行くつもりはなかったのだが、友人が観に行き、「怖いけど、感動だよ。最後はちょっとうるっときちゃった」と言うので、行ってみた。

まぁ簡単に言えば「エクソシストのその後」って感じ。悪魔祓いが失敗し亡くなった19歳の少女。失敗した神父は「過失致死罪」で訴えられる。検察側はメソジストの信者を担当検事にし、神父を弁護するのはやり手の女性弁護士。裁判を望まない教会と「真実を話したい」と証言を訴える神父。
検察側は彼女は精神病だった。薬の服用を止めなければ今も生きていたはず」と主張。
一方、「悪魔祓い」「憑き物」という超自然現象を主張する弁護士側。
弁護士は経緯を探るうちに、闇に触れてしまい、恐れを抱いていく。午前03:00に目が覚めてしまうというくだりは観ていてぞっ。日本じゃ「草木もねむる、丑三つ時(=午前02:00)」なんですけどね。
この時間、たまに目が覚めるんですよ。しかも寝ぼけもしないで「ふっ」と目が開くって感じで。

19歳のエミリー・ローズ、怖いです、ホントに。
悪にとりつかれた彼女を更に追い詰める悪魔、薬を飲んでも症状は改善しない。自宅に連れ帰り(それまでは大学の寮にいた)、自室にこもった彼女を様子を見に行くと、虫を食べ(唯一のグロテスクシーン)、正座のまま大きくジャンプする(某教祖のよう;^^)。教区の神父さんの元、悪魔祓いの儀式が始まるが、彼女の中には6人の悪魔が居座り、強固に抵抗する。父親が馬にけられ、意識不明になり儀式は失敗に終わる。その後彼女は儀式を拒否し、亡くなった。
悪魔祓いの儀式、その一部始終を記録したテープを法廷で聴く陪審員たち。
最後に、エミリーからの手紙を読む神父。「なぜ神は彼女に苦しみを与えたのか?なぜ彼女は悪魔祓いを拒否したのか?」その答えを知った陪審員の出した結論は?最後は感動します。

エミリー・ローズの墓石に神父が選んで刻まれた言葉。そのときは「良い言葉」と思ったのだが、既に思い出せません。出典元も言っていたのに・・・。脳みその老化が恐ろしい今日この頃です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『県庁の星』

昨日は自決の映画の日。今回も2本映画を見てきました。1本目は『県庁の星』 ちょっと気になっていた作品。

プライドが高く鼻持ちならない(失礼)県庁のエリート公務員、野村(織田)。そんな彼が、200億円のプロジェクトに闘志を燃やし、ご大層な提言をする。「民間の良いところを取り入れて、うんぬん・・・」
その提言を元に7名のエリート公務員が人事交流の研修先として民間企業に赴任することに。
スポーツクラブ・ペットショップと職種は様々。野村(織田)の行き先は三流食品スーパー。
店長は日和見主義で「県とのパイプができれば」と喜んで引き受けるが教育係は「裏の店長」と呼ばれる勤務年数の長い年下のパート店員、二宮(柴咲)。
「とにかく何もやるな」という彼女に反発し、成果を出して200億円のプロジェクトメンバーに入りたい野村(織田)はあれこれと首を突っ込み、スタッフにうとましがられる。
そんな空回りをしている野村(織田)に更なる困難が待ちうけ、絶望でぼろぼろになる中、二宮(柴咲)の言葉に励まされ、スーパーの再建に立ち向かう。

民間企業と官公庁の裏事情を見て「あ~あるある」と思ってしまう部分が怖かった。伊丹十三監督で「スーパーの女」と言う映画が1996年、上映されたが、当時、うちの会社では食品スーパーも経営していた。それで「観に行け」といわれ、友人と言ったのだが、これも裏事情が書かれていて、非常に面白かったのを思い出した。
今回の映画はあそこまであこぎではなかったが、揚げ物の揚げなおし、売れ残りのじゃがいもで作る惣菜。バックヤードは在庫の山積でカーゴ車がすれ違うこともできない。
一方の官公庁は「県民の税金です。節約しましょう」と書かれたエスプレッソコーヒーを只で飲む。「前向きに検討します」は検討しないの意味、高層ビルを建てて、眼下に県民を見下ろす。

最後の野村(織田)の演説でさらっとこれからの地方公共団体の危機をうたっているが、わが県はどこまでこの事を重要に考えているんだろう?聞いてみたい。
例えば、床屋さんは安い値段、年数回の仕立券(背広や靴)、保養所提携で格安宿泊、9時になるまで電話に出ない、昼休みも同様(鳴りっぱなし)、等々。これらは実際にやっていた(今は分からないですが)事ですよ。

お時間があったらぜひ、観てみて下さい。そして「自分の県は?」と考えてみて下さい。
ちなみに無料のエスプレッソコーヒーは最後には貯金箱を置いて、\100円になっていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球開幕

先週末、プロ野球が開幕した。昨年日本一のロッテはなぜか初戦から3連戦を福岡で行う。
そして、本日地元、千○のマリンスタジアムで初めての公式戦だ(18:15~ 対日本ハム)。と書いているが私はそれほど熱狂的なファンではない。でも、このロッテのサービス精神が大好きなのである。私の会社が近い為、駅前で宣伝する選手や、ロッテをデザインして塗った路線バス、駅改札入ったところにあるプロモーションビデオを流すTV、等々、地元と一体になったサービスや宣伝は見ていてよく分かるし、気分が良い。
そして、本日の朝、何が驚いたって、あ~た、監督&各選手の写真をプリントしたユニフォームを中央分離帯に設置してあるポールに取り付けちゃった。ずら~と並んだ様はかなり壮観である。
Ts2a0317_1Ts2a0318_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダヴィンチ・コード

ダヴィンチ・コードを読んだ。ハードカバーの時には手が出なかったのだが、文庫本になり、早速購入。でも上中下巻で¥1656 っていうか、3冊にするほどの厚さか?!と怒りたくなる。しかも文字は大きいし・・・。ぼったくりだ~と叫びながらもついつい読んでしまった。
いやぁ、面白いですね。キリスト教徒でもないし、芸術にとんと興味がない人間なので、「有名な絵画」と言われてもうろ覚えでしかない。ヨーロッパの宗教の背景なんぞもよく分からない。が、謎が謎を呼んで、人が人を呼ぶ。誰が見方で誰が裏切り者なのか?キーワードと聖杯の場所は?こりゃベストセラーになるのも分ります。
謎解きはここで書いてしまうとなんなんで、書きませんが(ってか理解するだけで一苦労。人に説明ができない!)、ルーブル美術館の館長の死、ダイイングメッセージ、チューリッヒ銀行、渡英、遺跡めぐり、最後にルーブル美術館へ戻る。これを読んで、フランス・イギリスへ行きたくなったのは私だけではあるまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メイクアップ!

実は私は化粧品、ほとんど使わない。今から10年前に読んだ本が原因である。今でも版を変え、内容を変えて出版され続けている。本を読んだ感想は人それぞれなので、ここで詳しくは書かないが、この本のせいで、日々の基礎化粧品は冬場の乾燥期、よっぽど顔が粉をふいている状態じゃないと使わない。化粧品は冠婚葬祭時にするだけ。だから化粧品自体ほとんど持っていない。
日々の通勤時は、眉毛とまつ毛、口紅 以上!の簡単なものである。
そんな私が本日、友人と3人で、千○そごうへ行った。1階の化粧品売場はコーナーの一角にメイクアップブースを設け、週変わりで各メーカーが日3回のメイクアップショーをしているのだ。友人Aはお手入れには一家言を持つ人。化粧品売場でもおどおどしないでふるまえるのだ。友人Bは私と一緒で化粧をほとんどしない人。売場に行く事さえもためらってしまう。なので、Aと一緒なら楽しめるのでは??と行ってみたのである。TS2A0316
写真怖・・・・。
本日のショーはカネ○ウのルナソル、モデルさんは非常に平凡な人。そんな人がどんどんと綺麗になっていく。すごぉ~い。でサンプルのファンデーションをもらうついでに、メイクアップをしてもらうことになった。
私は何も塗ってない(眉毛とまつ毛、口紅だけ)。スタッフが「下地からやりましょうか?」と言うので「はい、お願いします」とつい愛想良く答え、結果フルメイクになってしまった・・・(;^^)
いや、しかしすごいですのぉ~今の化粧品。そしてスタッフの技術。自分では絶対できない!そして最後にはショーをしてた方が一番気になる眉毛をいじると、あらまぁ~違うんじゃない??自分の顔。
思わず、携帯で写真を撮り、証明写真まで撮ってしまった(⌒▽⌒)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ナルニア国物語』

TS2A0292ようやく普段の生活に戻ってきて水曜日は久々に映画に行ってきました。『ナルニア国物語』です。ようやく見る事ができました。1950年発表の原作は全7巻、2555年にわたる壮大な物語で同時期の「指輪物語」と対象的かつ、英国で人気を二分する人気の作品でした。
既に見た方の評価をみると「子供っぽい」という意見が主流を占めていますが、私は面白かったですね。怖い女王とたくましいライオン、子供たちの顔が徐々に変わっていく。子供は無限の可能性を秘めている、とよく言われますが、この映画をみているとよく分ります。
映画は映像で目に入ってしまうので、印象は強烈ですが、作品は「各人の想像力に任せている」ということなので、想像力が豊かになりそう。おかげで原作を読む羽目になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温泉2

2日目。最悪の時間 08:00の目覚まし前に早くに目が覚める。じゃ一風呂一風呂、と寝ている友人を置いて一人で寝ぼけながらお風呂場に。残念ながら天気は最悪。昨夜チャレンジした方が良かったかもというくらいの吹雪。
なので4階の大浴場へ。十分温まってお部屋に帰り、持参した本を読んでいると08:00の目覚ましに友人が起床。まもなく朝食の膳も整い、いただきます♪ (写真を撮り忘れましたが) 温泉玉子や焼き魚、山菜の漬物などのあっさりご飯。ぺろっと平らげ(昨夜の晩御飯はどこに行ったんだろうか??)ご馳走様。

チェックアウトは11:00 天気は悪いがやはり来たからには露天に入りたい。意を決して庭園へ向かう。その前に1Fの内風呂で温まってから行きましょう。野天風呂は昨日と入れ替わっていて広いお風呂。が、寒い!やっぱり温度も低いのでなかなか温まりそうにない。いつまでも入ってられそうだが、お風呂の清掃前にあと1つ。女性専用露天風呂へ行く。こっちは誰も入ってないのか、脱衣所にはまっさらな雪が積もっている。貸切だ~とのんびり温まりようやく人心地。これで一通り制覇! 満足して部屋へ戻る。

TS2A0282まだ時間があるので、布団でごろごろし(幸せ~♪)、11:00にチェックアウトを済ませる。駅への送迎バスは12:00なので、喫茶コーナーでコーヒー券を使い、新聞を読む。売店でお土産を少し買い、外へ出てみるものの、雪は降っているし、風は吹いているし、寒いし、でとっとと宿へ戻る。
そうこうしている内に送迎バスが玄関前に着き、スタッフの方のお見送りを受けて駅へ向かう。ふもとへ着くとあら不思議。風もないし、太陽も出ている。やっぱり山の中だからか~残念。

TS2A0285駅に着き、駅近くの「コラッセふくしま」へ。ここの1階に物産土産コーナーがあるのを調べておいたのでここでもお土産をチョイス。帰りの新幹線で呑もうと生乳ヨーグルトなども買って、駅へ戻る。再び駅弁を買い(私は米澤牛焼肉弁当、友人は牛タン厚切り弁当)、ホームへ行くが、強風の為ダイヤが大きく乱れているとの事。15分遅れで福島13:17発 Maxやまびこ114号が到着。行きも帰りも同じ座席番号だが、向きが逆なので、ヘンな感じ。
TS2A0286早速お弁当を食べ、満足してお昼寝に入る。東京14:56着予定が20分遅れで到着。電車を乗り換え、夕方17:00、我が家に到着。

と、この2日間本当に何もしない、のんびり旅行を楽しむ事ができました。
普段は車で移動する友人も「グリーン車良いね!」と大喜び。次回はどこにしようか?と早くも話をしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温泉1

3月19、20日の1泊2日で温泉旅行に行ってきた。
TS2A027219日、朝08:40に友人と合流、一路東京へ。朝早いのとここ最近の疲労から東京駅までの約40分熟睡。東京駅で新幹線改札を抜け、ホームへ。私たちが乗る列車は MAXやまびこ111号 10:08 発。グリーン車指定で喫煙席だ。 乗ってビックリ!広いんですわ、グリーン車って。通常は2列-3列の座席なのだが、グリーン車は2列-2列。1席1席の椅子のサイズからして違う。8号車の2階で18席くらいしかない。
枕は上下移動可能だし、リクライニングはもちろん、フットレストまで出てきて、まさにのんびりゆったり。

TS2A0273駅のホームで駅弁(やっぱこれでしょう♪)とお酒を購入し、約1時間40分の旅へ出発!。停車駅は東京-上野-大宮-宇都宮-郡山-で11:47分には福島駅到着。もっと乗っていたい気分。駅前のお店で宿で飲む酒を購入し、旅館からの送迎バスを待つ。送迎時間が決まっているため、マイクロバス3台位連なって駅から宿まではクネクネとした山道を登って約30分程で到着。

フロントは大混雑。ひとしきり待ってチェックイン。スタッフの人が部屋まで案内してくれる。
ここは坂の途中に建っている為、フロント・ロビーが4階、部屋は5階、お風呂は4階に大浴場の内風呂が1つ。そして1階に内風呂1つと、庭園に出て、茅葺屋根の外風呂「玉子湯」、野天岩風呂「天渓の湯」と「天翔の湯」、ここは日替わりで男女が交代になるので、1泊2日で2種類を楽しめる。それに婦人専用露天風呂「瀬音」、足湯の計何種類だ?7種類のお風呂が楽しめるのだ。
部屋は8畳の和室に2畳程の応接、トイレと洗面所が付いていて2人なら十分な広さ。テレビは液晶TV「アクオス」。冷蔵庫も買ってきたものを入れるスペースもあって、満足満足♪

15:00に担当の方が挨拶に来ると言うので、一休みして早速お風呂へ。とりあえず近い4階の大浴場へ。広いし空いている。昼間の日差しの中で入るお風呂は格別ですなぁ~。部屋へ帰り、ごろ寝してテレビを見る。WBC準決勝。気になってたんですよね~。勝利が決まった時には思わずガッツポーズしちゃいました。
担当の方の訪問を受け、今回のプランのおまけを頂く。「笹だんご」と「ミニタオル2枚セット」に「コーヒーサービス券」 宿泊場所によってサービスは違うが、他にも「アーリーチェックイン(14:00)」に「レイトチェックアウト(11:00)」、浴衣・タオル2枚用意や夕食時のドリンクサービスに夕食後のデザートサービス、チェックアウトまで布団そのまま、朝食時間も選べて(一番遅い08:20をチョイス)、とかなり女性には嬉しいサービスがつく。

TS2A0280夕食は今回、1日10組限定の囲炉裏料理を予約していたので、18:00にお迎えに上がります、との事。
じゃぁその前にもう一風呂、と今度は外のお風呂にチャレンジしようとする。
が、風が強く、舞うくらいだった雪が横に降っている・・・。でもせっかくきたのだから、と茅葺屋根のお風呂を目指すが、屋根の隙間からは雪が入り込み、隙間風。しかも雪のせいか湯温が低く、温まるのに時間がかかる。狭いし、露天風呂は寒いせいか、お客がどんどん入ってきて、あまりゆっくり入っていられないので、程々で外へでる。
他の野天風呂を覗くだけ覗き、「後で入りにこようね」と部屋へ帰る。

TS2A027918:00~の夕食は豪華絢爛。献立は1.山菜のお通し 1.鮎の塩焼き 1.お刺身3種 1.芋まんじゅう(煮物) 1.遠赤外線焼きの鍋物(福島牛や海老など山・海もの5,6種類) 1.網焼き(お餅2種、里芋・じゃが芋・厚揚げ豆腐) 1.稲庭うどん 1.味噌汁 1.お新香 1.冬柿(柿のシャーベット) 
TS2A0281もう何も入らない位パンパンのお腹・・・。こんな事なら量を少なくお願いしておけばよかったな~ もったいない。最初のうちはまだいいものの、徐々にお腹を圧迫し、一服しようものならもう食べられないのが分かる。ので「自己責任分」は何とか消化

部屋に帰ると既に布団が引いてある。いいですのぉ~。灰皿や湯のみも掃除してくれていて、気持ちが良い。
一休みをして、再度お風呂へ。今回の目的は温泉だもん。行かなくちゃ。
が、外は吹雪のような有様。風が金切り声を上げていて、雪がベランダに積もり始めている!これじゃぁ露天は無理だよなぁ、と1階の内風呂に入っておしまい。
その後、友人と12:00まで酒を飲みながら語り、眠りについて1日が終わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春なのにぃ~♪

TS2A0270梅の花も咲き、春が来る。寒い我が家でも、徐々に暖かくなってきている。
なのに、仕事はトラブって大変だし、会社は面白くないし、と不満が爆発寸前。
このblogでは面白い事、楽しい事を書いていこう、と思っているのに、気分がそうならない。
すると自然とblogも書くことがなくて、間が空いてしまう。
今日は少しだけ楽しい事。友人の誕生日でトップスのチョコレートケーキを購入&食す。その後、その友人たちとランチ。今日は友人が夜に一度行って「良かったよ」と言っていた新しいお店を試しに行ってみる。
お客さんは私たち4人だけ。メニューを見てビックリ!安い!ドリンク付で日替わりだと¥650位だ。TS2A0271私はおろしソースハンバーグを注文。出てきた料理はハンバーグにサラダとフルーツ、ご飯とスープ、これに+\100でコーヒーをつけて850円。安くて大満足! スタッフは2人でやっているそうだが、お店も清潔感あって、トイレも綺麗。気に入った!駅からはちょっと歩くけど、静かな住宅街にある。
ぜひ、これからも利用させて頂こう。名前は「街の洋食やさん」。名前通りのお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホワイトデー

200603131
明日はホワイトデー。早くもお返しが帰ってきました!チョコもおいしそうだけど、ポーチとハンカチのセットも素敵♪
昔はクッキーだとかマシュマロだとか、キャンデーだとか言っていたけど、最近は食べ物&一品が主流みたい。小さいベアーのぬいぐるみ付とか、ハンカチとセットなど色々なものが店頭に並んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名作映画

TS2A0241近所のドラッグストアでビデオとDVDの処分をやっていた。ビデオは接続してないので、DVDを買ってきた。税込¥500。いわゆる名作映画だ。今手元にあるのは「名犬ラッシー」と「風と共に去りぬ」。後2本は友人にレンタル中だ。
「名犬ラッシー」古いですね~、1943年の作品だ。あのエリザベステーラーが子役で出演していると言うのだからいかに古いかわかる。ハリウッドに足型のある三匹のうち一匹でかなり有名。年配の友人が子供の頃に初めて観た映画だと言っていた。私は「ベンジー」だったけど(^^)
「風と共に去りぬ」これも古い!1939年の作品。驚いたのはこの映画は上映時間223分(約3時間43分)。映画館で上映時には間に休憩が入ったとか。小さい頃にTVでやった時には2日間に「前編・後編」と分けて放映した。
原作が今TVでやっている「白夜行」で小道具として使われている。あのウエストを思いっきり搾るシーンだけはしっかり覚えている。
さぁて何時観ようかしら??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

任天堂DS Lite

TS2A0222本日、任天堂DS Lite の発売日であった。松嶋菜々子のCMでおなじみのだ。私の母は昨年末からCMを見て「これ欲しい~」と騒いでいた。が、クリスマス&正月戦線でどこへ行っても手に入らない。「ゲーム機お金」と書いた封筒をホワイトボードに貼り「誰でもいいから買って来て」と言う位ほしがっていた。そんな中ネットで「DSの新機種が出るらしい」との情報を得た私は「それが出るまで待ってれば」とアドバイスをしていた。
そして、母は母なりにショップへ行って「いつ発売されますかね?予約はできますかね?」と聞いていたらしい。
発売が3月2日と決定したのを聞いて、再度ショップへ向う母。でも「何台入るかも分らないので、予約もできない。当日並んでもらうしかない」と言われ、驚くことに本日、朝一番でショップへ向った。
私の起床は朝06:30。起きたら母はいない・・・。父が「もう行ったぞ」 ご飯を食べていると電話が。「8台入荷するんだって。で7人目だから、このまま並ぶわ」 おいおい、マジかよ~。
そして、10:00過ぎ。メールが入る「買えたよ~」 買ったのか・・・。
と言う事で家に帰るなり、充電する間も惜しんで早速挑戦。 この写真の「32歳」は悔しながら母の脳年齢である。私は1回目の挑戦で「34歳」そりゃ、年よりは若い脳年齢だが、微妙~。
このソフトは個人データを保存できて、毎日トレーニングすると、教習所のようにスタンプをカレンダーに押してくれる。毎日少しずつでもやってやる。 あ、でも「英語漬け」の方がいいかしら・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »