« December 2005 | Main | February 2006 »

16 posts from January 2006

「タキシード」

0040友人から借りた「タキシード」を観た。2003年ロードショーのジャッキーチェン主演の映画だ。ストーリーは簡単。タクシー運転手のジミーがテクニックを買われて億万長者の運転手へ。彼とは妙に気が合い仲良くなるが、その彼が爆弾にまきこまれ、重体に。実は秘密組織CSAのトップエージェントだった億万長者の変わりに、彼が伝説のエージェントになりかわり、悪事(これもせこい。研究して変異させたアメンボに細菌をつけてライバル会社の貯水池に放ち、自分の会社の水は安全ですよ、と謳って儲けをたくらむ、という)敵に立ち向かう。
ただの運転手のジミーを助けるのは億万長者が着ていたタキシード。これは20億ドル(って円にすると2200億円?想像がつかない・・・)の費用をかけた超ハイテク機能付のスーツだったのだ。
ダンスモード・反撃モード・スナイパーモード等々、状況に応じてセットすると、その通りに腕や足が動く。発想はすごく面白い。でも、なんかなぁ~、ジャッキーのしゃかりきさ、が出てないんだよなぁ~。ハイテクスーツのおかげになっちゃってて、ジャッキーの身体能力がうそっぽく見えてしまう。コメディなんだけどちょっと空回りしてるような・・・。それにラブロマンスもつけちゃうから焦点が分らなくなる。
う~ん、☆2つ、ってとこかな??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

コンタクトレンズ

PAP_0040今日はコンタクトを作りに行った。昨日の朝、コンタクトレンズのかたっぽを失くしたからだ。
私は中学生の頃からの筋金入りの近眼。左右の視力が大きく違うガチャ目(左目が悪く、右目はそれほどでもない)というもの。高校の頃は左目0.1の右目1.2。部活動をやっていたので、コンタクトは使わず、メガネ(それも運動中はメガネなし)を使っていた。が、メガネだと同じ視力に矯正できず矯正しようとすると物が歪んでしまったり、頭痛がひどくなる上、つけたり外したりを続けると度が進む。
それで部活動引退後、コンタクトに切り替えた。それから早20年(うっ、年がばれる)。ずっとコンタクトレンズを使っている。ハードの方が度が出やすいので、基本はハード、旅行やマリンスポーツ時は1dayの使い捨てコンタクトと使い分けている。
最近はコンタクトレンズのショップもたくさんあり、1dayは一番安いところで作っているが、そこはハードをやっていないので、2004年の11月に作りに行ったコンタクト屋さんへ行く。
検査料¥2,240なり。そしてコンタクトは片目だけで¥12,200。
高い買い物だな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ランチ

TS2A0196昨日木曜日は豪華ランチとしゃれこんだ。給料日だったせいもあるけれど。場所は会社が入っているビルの最上階、35Fのクラブラウンジだ。ここは以前は法人契約された企業しか受け付けてくれず、接待や交流会等に使われており、役員に連れて行ってもらわないと一般ぴーぷるの平社員は到底入れないところだった。天皇陛下がいらっしゃる際はここのVIPルームが使われる(そうだ)。
最近はビル内に入っている会社の社員なら社員証を見せればOK、となり、お昼時は結構にぎわっている。サービスは最高で、スタッフはしっかり自分たちの仕事をこなしている。ランチセットは各種あるが、一番安いのはパスタセット。パスタとサラダ、デザートにコーヒーがついて¥1386。
パスタも日替わりでさまざまなメニューがあり、私達の一番人気は「ワタリガニのパスタ」。おいしいんですよ、これが。ワタリガニの身をほぐして食べるのが絶品。ついいつものようにしゃぶりたくなる位(;^^)。土曜日もランチをやっているので、ちょっと豪華なランチを取りたいときはお薦めですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『プライドと偏見』

TS2A0195本日は映画の日♪(と勝手に決めているが) かねてより気になっていた『プライドと偏見』を観てきました。『ブリジット・ジョーンズの日記』を2001年に観て、結構面白かったので、この映画が『プライドと偏見』の現代版と聞いて観てみたかったのだ。面白かった。時代背景が18世紀の終わり、と言うことだったが、「ある、ある」と納得してしまう旧いしきたり。女性の相続権がない、資産家をいとめないと父が亡くなると路頭に迷ってしまう5人娘(でも5人も女の子って運が悪いよな~)
恥ずかしげも無く娘を売り込もうとする母親は確かに品がない、とは思うけどそれもわが子を思うがこそ。ちょっと同情してしまう。長女は内気すぎて気に入った男性と良い雰囲気になっても思いが伝わらない。読書好きで色々考える(考えすぎてしまう?)次女はちょっといいな、と思ったのに相手の気の無い態度を見て「絶対こいつとつきあうもんか」とかたくなになってしまう。尻軽女と思われてもしょうのない妹はこの時代には超ご法度の「駆け落ち」をしてしまう(これを取り繕うために持参金を用意しなくちゃいけないなんてかわいそうなご両親)。
これらに家柄や資産、家族を見て結婚相手を探してしまう男性が絡んで、まぁ何時の世も色恋が世の中の関心事なんだなぁ~と思ってしまった。
でも、最後に長女は次女エリザベスとダーシーのおかげで思いが通じ、ダーシーの叔母の無礼極まりない言動にエリザベスとダーシーもお互いの思いが通じる。結果「オメデト(^_^)∠※PAN!」となるラストはついうるうるしてしまった。(しっかし最近、涙もろくて困ります)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カウチポテト(古;^^)

この週末の大雪でたまっていたDVDを一掃して観た。と言っても昨年の9月末にとりだめていた「24Ⅲ」だ(;^^)よくまぁ今まで溜めたもんだ・・・。 しかも24話、一挙に観るか?!って気分。 日曜日の夜、今さっきようやく最終話が終わった・・・。いやぁ相変わらずすごいです、マジで。次へ次へ次へ!とドミノ倒しのように話が進む。「Ⅰ」から出ていたキャストも何人かいなくなる。大勢の犠牲者。テロを憎む気持ちがより強くなる。

今回の「24Ⅲ」は細菌テロだ。感染率は90%、感染・発病したら100%の確率で死に至る、そんな細菌だ。運びや(のダミー)をやらされた青年は隔離病室から両親に「愛してる。感謝している」と涙の別れをする。試しに、とテロリストはホテルで拡散させ、宿泊者全てが封鎖されたホテルから出られない。設置を命ぜられた犯人グループの男は「発病したら、殺してくれ。改良した自分がその恐ろしさを一番よく分かっているから」。
そんな中、感染者に「敵に捕らえられた時の対処用」の薬(自害薬だ)を希望者に配布しようとする。発病すると出血が止まらず、体中の激痛と闘わなければならないからだ。その薬を最初に取りに来るのは年老いた夫婦だった・・・。

書き始めると収集つかなくなりそうだが、もっともっとたくさんのエピソードがあった。全てが24時間の中で起きた出来事とは思えなくなってくる。本当に「最悪の一日」だ。
もし、お時間・興味のある方はぜひ観て欲しい。勿論、24話全て借りておかないと大変ですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雪やこんこん2

TS2A0188本日、関東地方は朝から雪です。こんな日に仕事とはついていない。でもまぁ降っている最中なら車でも移動できるだろうし、一応4WDだ(タイヤはノーマルだが)。でいつもと同じ時間に家を出る。普通に駅について電車も普通。無事会社にたどり着く。
会社の近くの幕張メッセでは本日イベントがあるようで、がきんちょが走り回っている。雪なのに元気だ。仕事は午前中で終わり。早々に帰り支度をする。本当なら本日は鍋パーティーの予定だったのに、この雪じゃ、無事家にたどり着くのが先決、と残念ながらキャンセルする。
電車も普通に動いているし、道路も積雪はほとんどない。今回は湿った雪、との事でびちゃびちゃの状態。まぁこれなら、とお買い物をして無事帰宅。
帰るなり、あまりの雪の降り方に子供のようにはしゃいでしまう。飼っている猫を誘うも、「こたつで丸くなる」を地でいってる・・・。
TS2A0189しかし、これは大変。でそこから雪かき。駐車場から車廻り、車道とやってもやってもキリが無い!かいた先から積もっていく・・・。でもたまにだと面白いですね。我が家には雪かき用スコップが数種類ある。(雪国でもないのに;^^) こりゃぁ、明日も大変だ、と本日2回目の雪かき(親は4回目?)を終えてげっそりする・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家の夕飯

TS2A0183本日は母の友人から頂いた「牡蠣」が夕飯です。産地直送、本日午後届いたばかりの牡蠣なので、鮮度は抜群!父が殻を外し、軽く酢牡蠣たれをかけて頂戴する♪ ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ  で3人で14個(くらい?)をたいらげてしまった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪

どうやら、風邪を引いたようです。週末がものすごく暖かくて、そのせいか、日曜の夜(と言うか月曜日の明け方)気付いたら布団をかけていない!体はすっきり冷え切っていて、慌てて布団をかけるが、そのせいか朝起きて喉がちょっとイガイガしてた。月曜は休み明けなんで、調子が出ないのはいつもなので、こんなもんか?と思っていた。火曜日は朝から眠気が走り、気付くとうつらうつら、としてしまう。そして水曜日。朝から背中がゾクゾクして、寒気がする。すっきりしない咳が出て、痰が絡むのがなんとなく分る。
それでも風邪薬がキライな私。QPコー○ゴール○を呑んで今日は早く寝ようと心に決める。が、ついついドラマを観てしまう。「神様はサイコロを振らない」
本体のHDDの編集作業もしようと思っていたのに・・・こりゃ今日も早く寝るのは無理、だな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

THE BUTTERFLY EFFECT - バタフライ・エフェクト

TS2A0182友人が購入したDVDを借りて観た。「THE BUTTERFLY EFFECT - バタフライ・エフェクト」。 THE BUTTERFLY EFFECT - バタフライ・エフェクトとは「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」→初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味のカオス理論の一つである。 身近なところで言うと、いらないと捨てたデータが半年経って必要になったり、とか もう着ないと思って捨てた服や靴を1年後探している自分に気付いたり、とか??・・・なんて小市民な私(;^^)
この映画はエヴァンと言う少年が主人公。ごくごく普通だが時々記憶喪失を起こす。ホームドクターに勧められて日記をつけ続けるが、記憶喪失は続く。そんな記憶喪失中の事故が引き金となって仲間の1人レニーは救急車で(喘息の発作もち)運ばれる。又仲間の1人ケイリーとキスしているのをケイリーの兄トミーに見られ、自分の飼い犬を殺され、14歳の時に母親と街を離れる事となる。
それから7年間、習慣となった日記はつけ続けるものの、記憶喪失になる事はなく、勉強熱心な大学生になったエヴァン。デートの相手にせがまれ日記を声に出して読み始めた瞬間、彼はその時・その場所に戻っていた・・・。そして記憶喪失で失われた時がつながる。
事実が知りたいエヴァンは昔の街に行き、当時仲間だったレニーやケイリーに会いに行くが、レニーは興奮してしまい、ケイリーは自殺する。
ケイリーを守りたかったのに・・・。その一途な思いで彼は神のごとく行動を始めてしまい、その行動が彼を追い詰めていく・・・
実はコレにはアナザーストリーがあって、本編とアナザーストーリーで114分+195分の2枚組み。長いです、長いですが、両方観ました。
どっちがいい、とは決められないですが、やっぱり未来、というか将来の希望がある方がいいかな?
エヴァンのママが「あなたの前に2人死産しているの。あなたは奇蹟の子よ、エヴァン」と言った原因を思いついた時にはついウルッと来ちゃいました。
もし自分にこんな事ができたら・・・。小市民の私じゃ、無理だな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

同窓会

TS2A017814日(土)は高校時代の同窓会だった。高校時代はバスケ部に所属していた。レギュラーにはなれなかったが、3年間(実質は2年ちょっとだが)をバスケット一筋にがんばっていた。おかげでバスケ部のメンバーとは不定期だが、1年に1回くらいは今でも集まっている。メンバーの誰かが結婚するときはみんな一言のコメントを書いて、それを色紙に貼ってプレゼントする。もっとも最近はそんなイベントも久しく無いのだが;^^)
今回の同窓会はメンバーの1人が幹事となって行われた。友人が2年の時のクラスメイトは非常に仲が良く、その中の1人が2年ほど前に東京は京橋にトロピカルな雰囲気のバーをオープンした。そこで同窓会が実施された。高校時代で今でもつきあいがあるのは、バスケ部のメンバーだけ、という不義理な私。なので、ちょっとためらいがあったのも事実。でも「バスケ部のメンバーも来るから」と言うことで今回久しぶりに出向いた。
当日は豪雨。東京駅から歩いても5分ちょっと、と言うことで東京駅から歩く。店が道路の向かいに見えて、横断歩道を渡り近づくと、なんか見たことあるような服装で人が立っている。その服装とは・・・「ジャージ」 高校時代のジャージを来て、カサをさして立っている幹事の友人・・・。幾らなんでもそれはないだろう・・・18年前だぞ。以前「家庭農園に目覚めて、自分で畑をいじっている。その時にジャージを着てるよ」なんて言ってはいたが・・・。TS2A0180

店に入ると既に10人以上集まっている。見覚えのある顔もあれば、全然知らない人もいる。この店のオーナーも実は見覚えがなかった(;^^)
バスケ部のメンバーと席に着くと、見覚えのある顔が驚いたような表情で近づいてくる。ん?あ!高校時代仲良かった子だ!え~と名前がすぐ出てこない。ひーちゃん?ふーちゃん?何せあの頃はみんなチャン付けだ。間違えたら?「あ~忘れてる~××だよ」「あ~!!!久しぶり!!」思わず声のトーンもあの頃に戻ってしまう。後からもぞくぞくと参加してくる。総勢42名。結構集まったものだ。運動部関係。2年のクラスメイト関係。通学グループ関係、と色々なつてで参加している。各学年で同じクラスだった子も結構いて、話に盛り上がる。中には一度も同じクラスになったこともない人もいたが、そういう人はわずか。卒業アルバムの上映や、あの頃の思い出話、既婚者も未婚者もいっしょくたになって盛り上がって、あっという間に予定の20:00が来てしまう。
その後も店に居続け、呑み続け、23:00近くになったのを機に引き上げる。
久しぶりで楽しかったが、最近老化現象がすすんだ脳ミソにはシゲキが強すぎたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『男たちの大和』

13日(金)は『男たちの大和』を見てきた。年末から見たがってはいたのだが、あれもこれも、と欲張って映画を見ていた為、遅くなってしまった。
元々日本の戦争映画は苦手で、何時、何を見たのか覚えていないくらいだ。覚えているのは中学生時代に見た『ひめゆりの塔』。いたたまれなくてドラマ等も避けてはいる。今回は見て良かった。勿論、辛くて、悲しくて、いたたまれなくて、とたくさんの感情に襲われて、思い出すと涙が出てくる。15歳で戦場に散った命、国と個人に挟まれた命、残された命、残ってしまった命・・・。戦争とは、国家とは、日本とは、個人とは、たくさんのことを考えてしまう。考えすぎてしばらく立ち直れないかもしれない。「模倣犯」同様、深いところをつつかれたような気がしてしょうがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ロード・オブ・ウォー』

新年一発目の映画はニコラス・ケイジ主演の『ロード・オブ・ウォー』でした。『ロード・オブ・ウォー~Load of war~』、「戦争の王」と称えられた武器商人を主人公とした実話をベースにした映画です。『華氏911』のようにアメリカに喧嘩を売った映画、なんでどうかと思ったら、あらあらあら、『華氏911』よりずっと面白かったです。ドキュメンタリーと俳優さんがやるのとじゃやっぱり違うのかな?なんて思いながら見てました。ニコラス・ケイジ好きだしね。
今回アメリカの映画じゃないんですよ~、これ。 アメリカ&ハリウッドは金出してくれなかったんだって。で、『華氏911』の配給会社(カナダ)とフランス・イギリス・南アフリカ等からお金を集め、今回の上映とあいなったらしい。映画の最後の最後で「武器を多く輸出入している国は米・露・仏・英・中の5カ国。この5カ国は国連の常任理事国だ」、インターポールの捜査官に向かって「君はドアの外に呼ばれ、ほめられる、昇進もあるだろう。しかし、その後僕も釈放されて同じドアから出て行くのさ」とかなんとかぶっちゃってて、すごいですわ。
現在12人に1人は持っている計算になるという銃。持っている事が抑止力になるものと持たない事で抑止力になるもの。 銃はどっちなんだろう??色々考えさせられます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

晴れた空~♪

TS2A0174なぜか、ハワイのパンフレットが家にある。話せば長いのですが、私のHPの旅行記で「来年2月には友人とマレーシア方面へ旅行する予定なので、4月、かな??」と書いたのだが、実は同行する友人の中に事情があり、旅行の話を検討できなかったのだ。昨日、ちょっと焦り気味に旅行会社に行ってみたが、2月、3月は卒業旅行シーズンなので、もともとの料金設定が高めだし、学生さんは早くから予約を入れる、ので安めのツアーはうまりやすい、との事。「最長6日間で、アジア方面で値段は特にこだわらないけど、安いに越した事はない」という非常にアバウトな私達の希望は難しく、旅行会社のお兄さんも困り顔。バリにタイ、マレーシアと案内してくれるが、意外に値段が高く、決断できない。
そこに友人達から「4月にハワイ行くんでしょ?」と聞かれ「うん、そのつもり。4月はツアーも安くなるし、休みもらえると思うし。」「ねぇねぇそれに便乗しちゃいけないかな?」「ハワイかぁ~行った事ないんだ~」「ハワイは久しぶりだしいいね~」と口々に言われ、総勢5人、ハワイ初心者が2人、1回経験有りが2人、で私の計5人で急遽アジア方面からハワイへ宗旨替え。で、パンフレットをもらってきたのである。これから安いプランを探し、予定を立てていこうと思う。もちろん、その模様はこのblogで逐次ご紹介していきます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雪やこんこん

TS2A0173南房総にかろうじて入る我が家も昨夜からの雪でうっすら雪化粧です。昨夜は新年会で外に出てびっくり。友人と「家の方はどうかな?ひどかったら家から連絡くるよね」と話ながら帰ると、あら家の方もすごい。家に帰り「外すごいよ」と声かけるも「寒いから早く閉めて」とつれない返事…。あまりに静かすぎて雪が降ってる事にも気付かないよう。
本日は良い天気で日陰以外はあっと言う間にとけてしまいそうです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「模倣犯」

この正月休み(と言っても・・・の休みだが)はたまったDVDを見ようと思っていた。ところがはまってしまった・・・。年末に買い集めた「模倣犯」に。
昔、映画を見に行った。中居くんがピースをやると言うし、宮部さんの大ファンな私。喜んで行ったのだが、肩透かしをくらってしまった。一緒にいった友人が「訳分んない~」と言うのもよく分かる、という感じ。最初から真犯人が分っている、分っているのに回りの人物が交互に推理を主張して、全体の流れが読めない、そのままラストまで突っ走って、ラストはCGで中居君の首が飛ぶ(;^^)という支離滅裂さ。
だから小説が文庫化されるのが楽しみだった。そして読み始めたら、ついつい宮部マジックにはまってしまった・・・。それぞれの登場人物の奥深く、内面にまで踏み込んで書かれている。その内面は決して心地良いものではなく、むしろ辛くいたたまれない気持ちになるものだ。「そこまではいらない、もういい」と思っても「もっと食え、もっと食え、お前はお腹が空いているって言ったでしょ?」と畳み掛けるように小説の中で現実をつきつける。
大衆の一部分になってしまったかのように、納得できる答えを探して小説を読むしかなくなってしまう。そして最後の最後、被害者の祖父の「事件は解決した、解決したってよ。俺の孫は帰ってこないのに、全てが終わってしまったと言うんだ。ふざけんな!俺の孫を返してくれ!たった一人の孫娘を返してくれ」と身も世もないようにむせび泣く姿に涙をながしてしまった。犯罪は犯人が捕まっても終わらない、刑が確定しても終わらない、残された遺族は家族がいなくなった、という現実と死ぬまで向き合わなければいけないのだ、という当事者でないと理解できない事柄だけ突きつけられて小説が終わる。
正月早々読む本じゃなかったかもしれない・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Happy New Year !!

皆様、明けましておめでとうございます。本年も皆様にとって良い一年となりますように。
新年早々、愚痴は言いたくないので、明るい話題だけ。昨年は、本厄の私にとってまぁまぁ良い年でした。(実年齢は聞かないで下さい)。 
ハワイには2回も行けたし、お酒飲んで遊ぶ時間は友人が減ったせいか少なくなりましたが、blogを開始し、HPまで作ってみちゃいました。(周囲に告知してないので、全然メジャーではないですが・・・)、映画にもたくさん行けたし。これで傍らに良い男でもいれば完璧なのにな~、なんて思ったりして(;^^)
そんな私の2006年の抱負は・・・どうしようかな? 会社の広報(全組合員の2006年の抱負を載せるのです)には「Seize the day」という言葉を書きました。これは「今を生きる」(映画にもなって、DVDも発売されてますが)から。私の友人の中には「先を考えても仕方がないし、毎日生きるのに精一杯だから、今が楽しければ良い」という人がおりまして、最近その人に考え方の影響を受けています。
ハワイも行きたいし、映画もたくさん見たい。blogやHPはもっと充実させたいし、色々な人と交流もしたい。気のあった友人とおいしい物を食べて、お酒飲んで騒ぎたい。そんな風にしてこの一年、過ごせたらいいな。
うん、やっぱり私の今年の抱負は「Seize the day」 決まり♪
皆様、今年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »