« July 2005 | Main | September 2005 »

17 posts from August 2005

『容疑者室井慎次』

容疑者室井慎次』を見てきた。「踊る~」シリーズのアナザーストーリーとしてのこの作品。
う~ん、地味だ・・・。
交渉人 間下正義」に比べると地味。
初っぱなの新宿街中の逃走劇、は派手だったものの、後はひたすら心理的な描写が続く。
苦悩する室井(柳葉敏郎)、いばりっぱなしの灰島(八嶋智人)、あっけらかんの小原(田中麗奈)。
色々な俳優が裏を持ち、含みを持つ。

何が正義で何が真実か。不明瞭な中を室井が青島(織田裕二)ばりの熱血さで突き進む。
結末はあっさり。なんであんなパープーねーちゃんの為に苦労させられなきゃいけなかったの?
飛ばされなきゃいけないの?ってな感じで不完全燃焼。
でも、「間下・・・」もそうだったし、そんなもんなのかな?
最近の日本映画は次回作品への含みを残すいやらしい終わり方が多い。
そりゃ、次回作があれば、「ここはタイタイでいいかぁ」とか「あふれた話はアナザーストーリーで」などと
融通がきくかもしれないが、見ている方としては、完全燃焼を期待しているのに肩透かしをくらったよう。
きっちりとけりをつける、という風潮ははやらないのかもしれないなぁ。

それと、私の耳が悪いのか、映画館の音響が悪いのか?最近の俳優さんが活舌が悪すぎるのか?
せりふが聞き取れず、小声は本当の小声になってしまい、何を言っているのか理解できない。
そんな事に集中して映画を見たせいか、すっごい疲れた。重かった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

夏休み

夏休みが終わる。会社勤めの私にはないものだが、これを実感させられるのが、毎朝の電車だ。
これが非常に混む。高校生は団体で乗る。そして喋る。だから円になる。周りにいる人間におかまいなしに。
ましたやバッグがでかい。それを足元に置く。しかも人の靴の上に。
私が毎日の通勤で使うSOT某線は車両が短く、時刻表もやさしくない為、常日頃から混んでいる。
だから、夏休みの期間中はすごく幸せだった。お盆の時期は至福の時だった。
それが終わってしまう・・・。すっごい憂鬱だ。

ましてや9月1日は人事異動に棚卸・上期決算月に突入、とわたわたする日だ。
そんな日が朝から満員電車でもみくちゃにされちゃぁ、会社に行く気もなくなるわい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

棚卸

私が勤めている会社は流通小売業だ。小売業といえば、年2回、『棚卸』というものがある。
『棚卸』とは商品や製品の在庫数量を正確に数えること。仕入金額と売上金額を差し引くと「在庫金額」と言うものが出てくる訳だが、この金額が実際の在庫金額と合っているかどうか、を付け合せることを言う。
つまり、仕入金額-売上金額=帳簿上在庫金額><=?実在庫金額 という式になる。
まぁここで帳簿上=実在庫であれば何の問題もないのだが、そうはならないのが小売業
ロスというものがついてまわる。

値下げ/見切り/廃棄/不良/万引き/戦略/マークダウン/オフプライス 等々各種の原因で実在庫は減っている。
これをきちんと伝票処理していれば、帳簿上も-(マイナス)になるのだからいいのだが、これをしない。
又、高い金額で売ってしまい、逆ロス、というのも発生する。これらを足したり引いたりして何とか帳簿上=実在庫に近くなるようにやりくりをするのだ。

前回の棚卸、2004年度の決算では、2億8千万ものロスが出た。(3月) これにはさすがにのんきなバカ社長も慌てたらしく、原因追及する為、管理職にグダグダ言い始めた(勿論自分じゃやらないよ)。
結果、原因が分らず(これもすごい)、万引きロスの一言で片付けたらしい。
(当時は『集団窃盗団がいたらしい』と言うすごい話になった)
今回はさてどうなるのか? 

とのんきに書いたところで自分はどうなのか?と気になってくる。棚卸しないと。
以前、同僚が「自分の棚卸したのよ」「ふ~ん、でどうだった?」「ロスだらけよ~」と話していたが
自分は? 帳簿上は立派な数字になっているが、実在庫は?足りないな・・・ロスだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亡国のイージス2

先般述べた亡国のイージス の文庫本を手に入れた。古本屋さんで見つけて即買い。
早速読み始めた。上巻を読み終わって、下巻に入ったが、迫力、と言うか何と言うか・・・。
映画はやっぱりあっさりすぎる。「あ~こういうつながりがあったのね」「あ~これが複線か~」「あ、だから映画ではこうなってたのね」と納得する部分が多く、映画化された部分はほんの一端なんだ、と思った。
平和とは戦争と戦争の隙間に生まれたもの。そういう風に考えた事の無い平和ボケした日本人の私にとって深く、重い話なんだと、と。もっと深い部分、今の日本について、日本人について、政治家について、等々色々考えさせられる。

現在、告示日を前にして、かつて無いほど盛り上がっている選挙。
自分はどこに投票する、どこを支持する、と漠然と考えてはいるけれど、その選択が吉と出るか凶と出るか分らないけれど、自分の意志、というものがきちんと反映されればいいな、と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

台風再び

再び台風が来た。台風11号マーワー。
前回の台風7号はバンヤンだった。
マーワーはマレーシア名づけ国で「ばら」の意味
バンヤンは香港名づけ国で「木の名前」だそうだ。
台風にはアジア14カ国と地域が命名した140の名前が順番につけられる。
すごく面白い。こうやっていると、アジアって台風が多いんだなぁ~と感じる。

今日も会社では「早めに上がっていいよ」とのお達しが出たので、17:20にはタイムカードを押して帰宅。
定時17:30、いつもは18:00過ぎまでいるので、早めに帰れることになる。
電車も全然平気だし、雨も降っていなかった。それ程大変では無いときに帰ってこれてしまい、
ちょっと残念。
でも、明日の朝も台風はいるらしい。時折家が揺れるような風が吹いている。
明日は会社には行かないと、だし・・・。月末近くは忙しいからなぁ~
と言いながら、今週はほとんど仕事らしい仕事をせずに終わってしまった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『亡国のイージス』

『亡国のイージス』を見てきた。いやぁ、すごい迫力だった。&面白かった。
勿論、全部が全部分るわけではない。
「あれって何だったの?」「あれってどういうこと?」というハテナマークは飛び交い、
帰り道は友人と討論し続けていた。
(何せ友人は宮津の息子が死んだシーンや雨の中、中井喜一が寺尾を訪ねるシーンを
覚えていないと言う;^^)

一人一人の背景やバックボーンが分らないから、何がどうなっているの?
なんで、大臣どもはあんなに偉そうなの?などなど、たずねだしたらキリがない。

でも、泣けるシーンもあるわ、考えさせられるシーンあり、せつなくもなるし、と
色々な意味で衝撃的な映画だった。
016948750000

原作はすごく深く、細かく書いてあるらしい。原作を読んでから映画にいった方は口々に
「浅い、つまらない、がっかり」と言っているらしいが、原作を読んでいない私にとっては
「面白い、もっと知りたい、考えたい」と思える映画だった。
早く読まなくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなものを買った

本日は仕事休みのため、午後からのんびり買い物へ。
以前から気になっていたこんなものTS2A0025
を買ってみた。

先般ミニSDカード付携帯に買い換えて、アドレス帳や画像のバックアップを録っておく為。
実は、先般の買い替えはやむにやまれず、であった。
携帯電話を紛失したのである。(/・_・\)アチャ-・・
幸い几帳面な性格(?)が役に立ち、エクセルで自作したアドレス帳は何とかなった。
(と言ってもここ最近はバックアップもさぼっていた為、新規の登録分は×だったが)
がっかりしたのは画像。自分ちの猫の写真やでかけたときの写真、おいしかったワイン等
色々な思い出が消えてしまった。 中には二度と取れないだろうなぁという画像もあり。

又、出かける際、常に携帯する電話。デジカメより断然使用頻度が高い。
しかし、メールでは送信するのに限界があるし、パケ代もかさむ。そこで今回購入した。
16メディア対応のカードリーダー。デジカメのSDカードにも対応している。
これで¥1980はお安い♪ 安物買いの銭失い、にならないといいのだが・・・。

早速携帯のカメラで撮り、使ってみたのがこれ。 う~ん、なかなか便利なものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤肉メロン♪

TS2A0021
お盆休みも終わり、休みを取っていた会社の人も社会復帰してきた。
今回1×連休を取って、北海道に帰省していた人も今日から出社。
この人の土産はすごかった!
「重い~」と言いながら、大きいスポーツバッグ持参でやってきた。
中には羊蹄メロンが2つ!。

この羊蹄メロン。ビニールハウス等の施設を使わずに、太陽光で栽培するメロン。
北海道を代表する夕張メロンと同時期に栽培が始まり、
緻密な果肉と甘味が濃くとてもおいしいメロン、らしい。
(赤肉メロンは色々あるが、富良野は時期が終わりらしい。)

食べごろは25日ごろ、と書いてあったらしいが、「食べちゃおう!」と今日食べる。
きゃぁ~メロンを4つ割りで豪華に食べられるなんて♪
と喜んでいたら、「昔は半分に割って、中にブランデー入れて食べてたんだよ」と。
「いつの話?」「バブリーな頃だけどね」  いいなぁ~1回やってみたい。

おいしくておいしくて、染み出た汁までずるずると飲んでしまった♪
来年もこれ、だな。 今までここまで豪華なお土産はなかったらしいが・・・。
さぁて、私はパイナップルでも買うてくるかぁ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TUBE20周年横浜ライブ

TUBE恒例の横浜ライブが終わった。
TS2A0019

早めの横浜に乗り込み、駐車場を確保(1日\2000)。
南京気功のマッサージをお願いし、おいおいしい中華料理とお酒で舌鼓。
準備万端で横浜スタジアムに乗り込んだ。

ライブはのっけから大盛り上がり!ここ数年なかった情熱的なステージ。
スタンドの私たちでさえ、酸欠になりそうな曲が続く。
懐かしい曲もかかり、ラストまで一気に突っ走る。
「HOT NIGHT」の時には「もう勘弁してくれ~」と言いながらも盛り上がる。

DVDシングルも買ってないし、去年の「海の家」も振りを忘れていたり、と
アンコールにきて、ちょっと不完全燃焼。
でも、懐かしい曲をラストに持って行ってくれて、完全燃焼。
昔からの曲をやってくれるTUBEに感謝。
その後、地元に戻り、3時までカラオケで盛り上がった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

前準備

今週の土曜日20日はTUBEの横浜ライブだ。
実はTUBEのこのライブ、毎年通っている。
年々、寄る年波には勝てず、「もっともっと!」と思う事もあるのだが、
今年は20周年の記念ライブ、と言うことで楽しいライブになるはず。

この日は昼から横浜に乗り込んで、中華街で腹ごしらえ、マッサージと
体調万全にして臨むつもりだ。

ただ、DVDシングル、だけは購入してなかった。
BBSを確認したら、みんな振り付けを覚えているらしい。
去年は、アルバムCDに振り付け(プロモ)がついていたので、それは覚えたのだが・・・。
あれはきっと今年はやらないんだろうな~。
でも、20周年だし、懐かしい曲をやってくれるはずだよな~。
と妄想はどんどん膨らんでいく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震

すごく大きかった~。 「もうすぐお昼♪」なんて思ってたその時だった。
「なんか揺れてるよね~」「うん」「あ~気持ち悪くなってきた」「ホント」「外は?」
「普通だね~」「あ~視点が・・・」

うちの会社のビルは35階建てのビジネスビルだ。その15Fに入居している。
耐震構造のそのビルは地盤の緩い埋立地に立っているせいか、よく揺れる。
今までも地震はよくあったけど、今回は本当によく、長く揺れていた。

はしこい人がネットの速報を見る「震度4だって。そんなにないね~」
震度4のわりには揺れたよ~。 私もネットで見てみる。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/
過去の地震履歴をみて驚いた。 過去50件分の地震。8月4日~で50件の地震。
単純計算で一日3,4件も地震が起きている計算だ。
いやぁ、地震大国日本(たとえが違う?)。 すごい数。

被災した際は、こんな会社のビルではなく、家で被災したい。
何せ、地震の影響でビルのエレベーター全てが止まる。
低層階用・中層階用・高層階用、各6基ずつと荷物用2基。
しかも、ツインビルの為、×2 の40基が全て止まった。

おかげでお昼を食べに行く人、買いに行く人は非常階段を民族大移動。
徐々にエレベーターは復旧していったものの、15:00過ぎても全て復旧しなかった。
でも、買い上げのビルの方はすぐ開通したらしい。クソ。
(ツインビルの片方は賃貸、片方は買い上げ →わが社は賃貸)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お盆

本日でお盆が終わった。お盆休暇という特定の休みを持っていない会社なので、
普通の週末だったが・・・。

我が家は千葉の片田舎(距離的には千葉中心とそれ程離れていないのだが)なので、
昔からの風習が色々と残っている。
家とお墓はすぐ近く、13日は早めにお迎えに行って、ちょうちんに火を入れて帰ってくる。
14日は天竺へお経をもらいに行くから、となすやきゅうりで馬を作る。
15日は帰る日だが、暗くなってからやはりちょうちんに火を入れて送っていく。
又新盆の時は追加の行事が入り、灯篭を道筋に吊るす(これも手作りする)

途中で火が消えるとまた戻らないといけない、と小さい頃は言われ、大事に大事に
ちょうちんをささげ持って歩いた覚えがある。(それでも消えたこともあったが)

と両親と共通の認識を持っていたが、隣の駅(うちより千葉中心から遠い)では、
「15日もゆっくりしてもらうのよ。で16日に送っていくの!あんたん家は薄情ね!」と
友人に言われ、びっくりする。 地域によって特色が違って面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名探偵モンク

今はまっているドラマに「名探偵モンク」がある。
知人お薦めのドラマで、とりあえず3話分借りて観たら、これがメチャ面白い♪

現在、BS2で毎週火曜日にやっているのを友人にお願いして録ってもらっている。
その前まではBS2で毎朝やっていた「名探偵モンク」の1stシリーズを録ってもらっていた。
一度に6話くらい、ぶっとおしで観ると、すっかり「モンク」ワールドに入ってしまう。

彼は愛する奥さんの死で、健全な社会生活が送れなくなってしまった。
人と握手ができない癖に、停電で暗くなったときは人の手を力強く握る。
部屋の掃除には多大な時間をかける癖に、アシスタントシャローナの家が汚れてても気にしない。
モノに触るときはボールペンで触るのに、街角の駐車スタンドには手で触らずにはいられない。
彼と付き合っている人たちはそんな癖を理解し、暖かく包んであげているが、分らない人には
ひどい言われ方をしてしまう。

でも、本当にそうだろうか?みんな多かれ少なかれそういう部分って持っていると思う。
ただ、それをガマンして、陰口でやり過ごす。それに比べれば真正直に感情を洗わす彼は
誠実なだけ、なんじゃないか? 

こんな人を主人公にしたアメリカドラマってすごい。日本じゃできないな・・・。
私はサンフランシスコを舞台にした「刑事ナッシュ・ブリッジス」も好きだけど、ここまで
毛色の違う、正反対のドラマがあるのを知って、衝撃的でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな本を読んだ

ディーン・クーンツの「汚辱のゲーム」「サイレント・アイ」を立て続けに読破した。
いやぁ、長かった。長編2冊ずつ。

022204880000025749580000

立て続けに呼んだせいで、すっかり「クーンツワールド」にはいってしまった(;^^)

「汚辱のゲーム」はタイトルがセンス無し。どんな本かと身構えちゃいました。原題そのまま「False Memory(偽の記憶?でいいのかな?)」にしてほしかった・・・。
心理学好きものとしては内容は面白かったですけどね。あっさり心理プログラム破られたのは笑えたけど。
ドクターアーリマン、みたいな医者、いそうですよね~ ぞくぞく。
「真夜中の鍵」でもそうだけど、日本好きですね、彼。&心理学物好き
彼の作品には色々な恐怖症が出てきます。「アイスバウンド」も面白かったな。
初期の「殺人プログラミング」なんかもそうだけど、催眠(洗脳)で人は自殺できるのか?
なぞ、ですのぉ。

「サイレントアイ」は最後まで引っ張って引っ張って「これかよ」と言いたくなる話運びでした。
ただ、ラストはホロッときちゃいました。「ウォッチャーズ」「ストレンジャーズ」なんかもそうだけど、
ジェットコースターで話が動き、最後にほっと一息。 これがあるからやめられない。
楽しかったっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『アイランド』

「アイランド」 を観てきた。
もし、現実にあったら?と考えてしまう内容であった。
話は昔から考えられていた事が中心となっている為、目新しさはないが、
映像の進化はすごい。すごく現実感のある映画にはなっていた。
あと、2.30年くらい先の未来で起きるのだろうか?起きてもおかしくないなぁ、と。
間違ってもあんなお金持ちにはなれないから良いけど。

あちこちのサイトでは「話が短絡的すぎ」「強すぎ。ありえない」と言った批判が出ている。
(ここでネタばれをするのはマナー違反だろうしな~)
「そうかもな~」と納得できる反面、「こういうのは楽しんで観ないと」と思う。
冷めた目で見たらどんな映画でも面白くないだろうし、ケチつけたくなるだろう。
ちょっと前まで冷めた目(斜め観した)で観ていた事もあるけれど、最近は「楽しく楽しく」を
モットーに観るようにしている。 だから楽しかった。

アクション・トラブル・は満載で観ていて息がつけないジェットコースタームービー。
心臓痛いし、コンタクトも乾き、目が痛いけど、楽しんで観る娯楽作品としては最高だと思う。
最後はめでたしめでたし、で終わったし。
友人は別の心配をしていた。「彼らはこの後、生きていけるのかしら?」と・・・。
(ほんと、大きなお世話かも)

一方の私は、再度、マトリックス1を観たくなった(;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

難しい

現在、ホームページを製作中。
お金をケチって、「WORD」で作成しているが、これが難しい。
文章を書くのも好きだし、画像の貼り付け、リンクの貼り付けもできる。
作成したものをブラウザでプレビューしても大満足の出来。

今日の手直ししたトップページを含め、アップロードしたら全滅してしまった。
リンクがうまくいかず、次ページへ行かない。画像と文章が重なっている。
BBSもやカウンターも設置してもうまく行かない。

もう“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!! 状態。
やっぱりソフト買おうかな~・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花火

8月6日(土)に千葉市民花火大会、が開催された。
昨年も見に行っており、友人と酒を呑みながら、の花火鑑賞。
結構楽しいのだ、これが。

16:30には友人が場所取りをし、準備万端。
惣菜やお酒を買って持ち寄り、宴会開始。花火が始まる頃は酔っ払い。
花火ははかなくてきれいだね~と歓声をあげながら見る。
千葉の花火は打ち上げ数も少ない。7700発、は1時間半ほどで終わる。
でも少ないながらも工夫を凝らし、「音楽と花火の融合」(曲を流し、その曲と
コンピューター制御して打ち上げる花火を楽しむ) といった事もしている。

花火が終わり、帰り支度する人の中、再度飲み直し始める。
おしゃべりをして、気づくと公園内は暗くなり、人も減っている。
結局終電だった・・・(;^^)
050806_193307

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »