« 夏休み | Main | 09.01 人事異動 »

『容疑者室井慎次』

容疑者室井慎次』を見てきた。「踊る~」シリーズのアナザーストーリーとしてのこの作品。
う~ん、地味だ・・・。
交渉人 間下正義」に比べると地味。
初っぱなの新宿街中の逃走劇、は派手だったものの、後はひたすら心理的な描写が続く。
苦悩する室井(柳葉敏郎)、いばりっぱなしの灰島(八嶋智人)、あっけらかんの小原(田中麗奈)。
色々な俳優が裏を持ち、含みを持つ。

何が正義で何が真実か。不明瞭な中を室井が青島(織田裕二)ばりの熱血さで突き進む。
結末はあっさり。なんであんなパープーねーちゃんの為に苦労させられなきゃいけなかったの?
飛ばされなきゃいけないの?ってな感じで不完全燃焼。
でも、「間下・・・」もそうだったし、そんなもんなのかな?
最近の日本映画は次回作品への含みを残すいやらしい終わり方が多い。
そりゃ、次回作があれば、「ここはタイタイでいいかぁ」とか「あふれた話はアナザーストーリーで」などと
融通がきくかもしれないが、見ている方としては、完全燃焼を期待しているのに肩透かしをくらったよう。
きっちりとけりをつける、という風潮ははやらないのかもしれないなぁ。

それと、私の耳が悪いのか、映画館の音響が悪いのか?最近の俳優さんが活舌が悪すぎるのか?
せりふが聞き取れず、小声は本当の小声になってしまい、何を言っているのか理解できない。
そんな事に集中して映画を見たせいか、すっごい疲れた。重かった・・・。

|

« 夏休み | Main | 09.01 人事異動 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/5728457

Listed below are links to weblogs that reference 『容疑者室井慎次』:

» 容疑者・室井慎次 評価額800円 [Blog・キネマ文化論]
●容疑者・室井慎次をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 2005年2月某日。警視庁の室 [Read More]

Tracked on September 01, 2005 at 10:09 AM

« 夏休み | Main | 09.01 人事異動 »