ニャン氏の事件簿 松尾由美

「ニャーニャニャニャ」「なかなか賢い選択だニャ」
「ニャーニャ?」「たったそれだけかニャ?」

ニャン氏の事件簿 松尾由美


読了です。

アルバイトをしながら、自分を見つめ直している佐多くんは、あるお屋敷で、突然やって来た一匹の猫とその秘書だという男に出会う。
実業家のA・ニャンと紹介されたその猫が、過去に屋敷で起こった変死事件を解き明かす?! って、ニャーニャー鳴くのを通訳しているようだが本当?
次々と不思議な出来事とニャン氏に出くわす青年の姿を描いた連作ミステリ。

1.ニャン氏登場:叔父さんの死
2.猫目の猫目院家:パソコン持った弟
3.山荘の魔術師:姿を消した女優
4.ネコと和解せよ:撮影場所での再会
5.海からの贈り物:はがきと畳鰯
6.真鱈の日:大きいスーツケース

*********************************

ファミレスにでる幽霊のお話を書いた「ハートブレイクレストラン」を読んでいる作家さんで、こちらが刊行された事を知り、読んでみました。

主人公少年佐多くんがバイトで赴く先には、なぜか猫が・・・という設定で、
6つの謎解きに関わっていきます。
おかしいのは冒頭にもある「猫語」。
ニャーニャー鳴いている猫とそれにまじめに仕える執事。
彼らがさっそうと登場し、謎解きをしていく姿は「いやぁ、微妙(;^^)」。

「意味わかってるの?」だった疑問が途中から慣れちゃって、「ニャーニャー、ニャニャ、ニャ・・・」と続く言葉を適当に飛ばしちゃったりもした(;^^)。
これでページ数を稼ぐなよ、とか思いつつ。

でも一歩間違えると悪趣味に捉えられそうな設定で1冊書いちゃうってある意味すごい!。
更に、佐多くん自身の問題にも迫っており、2人(ん?)がであった理由も明らかに。

若干まだるっこしいな、って処もあったんですが、まぁそこら辺はこの作家さんの持ち味、って事で。
先(続き)がありそうで、余地を残しているなぁ、って感じもありましたので、いつか続編がでることを期待しております。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

櫻子さんの足元には死体が埋まっている11~13 太田紫織

どこまで続くんだい?とお思いの方もいると思いますが、
2017年12月現在13巻まで出ております。
こちらの作者さんは、このシリーズを無料小説サイトに投稿されていて、文庫化となったそうですが、今はストックがないとデビューも大変らしいです。

11.蝶の足跡

壱:蝶の足跡(捜索・軌跡)
弐:灰色の追行(監禁事件)

12.ジュリエットの告白

ケルヌンノスの妙薬(兄弟+1旅行) 
ジュリエットの告白(旅行続き:頭蓋骨入替)
わたしのおうちはどこですか(前)

13.わたしのおうちはどこですか

わたしのおうちはどこですか(後) 
Intermedio 
ハートのジャックは何処に消えた
帰ってきたテディベア 

*******************************
もう、いつになったら「蝶の人(ファントム)」との決着がつくんだろうか?
櫻子さんの叔母さん(行方不明)の伏線も何か関わっているんだろうなぁ、とか
行方不明になる警官、多くないか?とか
同級生鴻上、も微妙に一線を外してきてるなぁ、とか
色々考えて読んじゃっているせいか、身が入らないような(;^^)。

更に12巻と13巻、でまさかの「前後編」ぶったぎり。
「わたしのおうちはどこですか」は、2巻に収録された「あなたのおうちはどこですか?」に出てきた女の子「いいちゃん」が再度登場。
いいちゃんが行方不明になり、鴻上も。さてさて、の処で1冊終わってしまったので、
これはタイムリーに読んでたら怒っただろうなぁ。

まぁ、8月と10月とわずか2ヶ月で12&13巻は刊行されたそうなので、
まだ良いのかもしれないですけどね。

エピソード1つ1つの質が違いすぎてちょっと疲れてきます。
大事になるのか?と思うと肩透かしだったり、大したことないように書いてるけどいやいや結構大変なことよ?これ、だったり。
こういう時に「あぁ歳取ったな、自分」って実感します(;^^)。

そして、続いている「サモエド犬」の描写。
11巻で、櫻子さんが行方不明になったせいで、正太郎家に一時居候する事に。

11)白く可愛いモコフワは、ソファにふんぞりかえし、TVを見る偉そうな犬に変貌を遂げた。しかも最近は退屈だと自分でリモコンを持ってくる 
犬になったようです・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

«櫻子さんの足元には死体が埋まっている8~10 太田紫織