心霊探偵八雲10 魂の道標 神永学

僕が幽霊を見えるから、出会った、近くにいた。
見えなければそもそも君とは出会ってない

見えようが見えまいが関係ない。見えるから慕っていた訳じゃない。

心霊探偵八雲10 魂の道標 神永学


読了です。

左眼を傷付けられ、死者の魂を見る力を失ってしまった八雲。そんな中、唯一の肉親である妹の奈緒が幽霊に憑依された状態で行方不明になる。奈緒を探す鍵はマンションで多発する心霊現象にあるらしいのだが……!?
******************************
で、新作出た&読んだ(^o^)。
いやぁ、これは結構早くに借りられました。
3月31日刊行で、GWには借りられたので。

作品によっては半年以上待つ、って事もあるのでね。
又吉さんの「火花」は13冊所蔵で57人待ち。
お隣の市の図書館は87冊所蔵で374人待ちだから今となれば3ヶ月待ち位だからマシかな?
その内紹介する作品はなんと半年以上待ちました!いやぁ長かったなぁ。

で、この新作を読む前におさらいしておきました。1コ前の9巻だけだけどね。
今回は前作からのすぐの続きなので、良かったです。

さて八雲の目の傷から今回は「いじけ八雲」になります。
今まで望むと望まざるとにかかわらず、霊が見えてしまい、心から「いらない」と思っていた左の赤眼。いざそれが使えない(霊が見えない)となると、「周りにいた人は自分の眼だけが必要だったのでは?」となってしまう。

それに対し周りの人達も悩み苦しみ・・・。それを払拭するのが冒頭の会話。
八雲と晴香の関係がなかなか進まないようでしたが、今作でいい感じになったんじゃないかな?って。

シリーズ作品なんで、読んでない方は「ナンノコッチャ」って感じかもしれません(;^^)が、ずっと読んでいる自分としては「ようやく、ようやっとか!」って気分です。もう大学も卒業時期でっせ!

でもその為に今作でも山越え谷越え、って色々問題が起きるし、未だに次回に持ち越しの問題もあり・・・。終わっちゃうのは淋しいですが、落ち着いてもらいたいものです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

遠い唇 北村薫

<<大學に来て踏む落ち葉コーヒー欲る(ほる)》

遠い唇 北村薫

読了です。

コーヒーの香りとともに蘇る、学生時代の思い出とほろ苦い暗号(遠い唇)。いまは亡き夫が、俳句と和菓子に隠した想い(しりとり)。同棲中の彼氏の、“いつも通り”ではない行動(パトラッシュ)。町外れの書店で本を見る親子3人(解釈)。江戸川乱歩の二銭銅貨にはある謎が(続・二銭銅貨)。昔のTVだと電波状態によりゴーストという画像の二重映しになり(ゴースト)。冬のオペラの18年後・・・(ビスケット)
ミステリの巨人が贈る、極上の“謎解き”全7篇を収録。

********************************
ちょっと間があくと、読みたくなる「北村薫」先生の作品。
ファストフードばかりじゃなく、たまにはゆっくり上質なものを味わいたい・・・
と思うと思い出すのが北村薫先生なんですよね。

今回は短編集。
冒頭は中村草田男の俳句、だそうです。
そういうのはさらっと出ちゃうのがすごい。

この中に別の本で読んだ「続・二銭銅貨」が入ってました。
あ、これ読んだ~、と思いつつまた読んでしまいました。
「江戸川乱歩の二銭銅貨」どんな話だったけな?忘れてる。
ってか読んでるのかな??今度読んでみないと。これは青空文庫にはないので、図書館行かないとだなぁ。
江戸川乱歩って全部読んでなかったな。ってかこの時代の作家さんの本って拾い読みしかしてない。太宰治しかり、森鴎外しかり。

しかしどれもこれもちょっとひやっとする、というかぞくっ?どきっ?とにかく心動くんです。「ひゃぁ~」とか「うぉっ」と大きい動揺ではないんですが、小さく動くのって後から来るのよね(^o^)。

まぁ中には「これは、なんだ?」と思う作品(解釈)もあったりしましたが、どれもゆっくり味わうには良いものばかり、です。
ハードカバーなので、文庫が出たら持ち歩き用にどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

«仮面社畜のススメ 小玉歩